食べる

北品川で焼き鳥店「ことしろ」新装開店 日本各地のカップ酒60種超そろえる

(左から)店長の橋本隆さんとオーナーの後藤龍太さん

(左から)店長の橋本隆さんとオーナーの後藤龍太さん

  •  

 京急・北品川駅近くの焼き鳥店「炭焼ことしろ」(品川区北品川1、TEL 080-8805-8064)がリニューアルオープンして3カ月がたつ。

「炭焼 ことしろ」の店内

 今回のリニューアルでは、親しみやすい店名を意識して「古登代!」からひらがなに改名した。店内はカウンター席を増やし、小上がりの座敷席は靴を履いたまま利用できるテーブル席に変更。そのほか、トイレの位置を変え、壁紙や照明を明るい物に取り換えるなど、全面改装を行った。店舗面積は10坪。席数は27席。

[広告]

 オーナーの後藤龍太さんは「以前は古めかしい雰囲気で、一見さんが入りにくそうだった。開店5周年を期に店内を改装することで明るく新しいイメージを作り、女性でも気軽に立ち寄りやすい店を目指した。リニューアル後は常連客からも喜びの声が上がり、外国人観光客や家族連れのお客さんが増えたのが印象的だった」と話す。

 鶏肉は鶏肉店「信濃屋」(西五反田1)から仕入れた大山鶏を使う。焼き鳥メニューは炭火で焼いた「もも」「ねぎま」「すなぎも」「カワ 秘伝の漬だれ」(以上200円)や「手羽」(350円)、「月見つくね」(350円)などを用意する。そのほかおつまみメニューとして「枝豆」「冷やしたキュウリ・トマト」(以上200円)、「ヤゲンナンコツ」(300円)、「ササミ」(350円)なども。ちょい飲みメニューとして、おまかせ焼き鳥3本とドリンク、お通しがセットになった「コトハヤセット」(1,000円)を新たに追加した。

 ドリンクメニューは「生ビール」「瓶ビール(アサヒ・サッポロ・キリン)」(以上480円)や「レモンサワー」「巨峰サワ-」「ウーロンハイ」「緑茶ハイ」(以上350円)、「ホッピーセット(黒・白)」(480円)などを提供する。

ショーケースには、全国各地のカップ酒60種類以上を全品500円で取りそろえる。「カップ酒はリニューアル記念の限定サービスだったが、あまりにも好評のため赤字覚悟でそのまま続けている。新潟県を中心にいろんな銘柄を集めているので、ぜひ焼き鳥と合わせて楽しんでほしい」と後藤さん。客単価は2,500円。

 店長の橋本隆さんは「裏路地にあるため、少し訪れにくい場所だと思う。今回のリニューアルをきっかけに新規のお客さまにも来店してもらい、地域の活性化にもつながればうれしい。皆さまにおいしい焼き鳥を楽しんでもらえれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時~23時(日曜は22時まで)。月曜定休。

ピックアップ

ピックアップ