港南に24時間スーパー「ポロロッカ」-エリア世帯数増加で出店

オープン当日のポロロッカ港南シティタワー店。

オープン当日のポロロッカ港南シティタワー店。

  •  
  •  

 マルエツ(豊島区)は6月6日、24時間営業のスーパーマーケット「ポロロッカ 港南シティタワー店」(港区港南4)をオープンした。

 同グループは「コンビニエンスストア」と「生鮮食品・総菜」の機能を併せ持った「スーパーコンビニエンスストア」で、中・小規模の店舗展開を行う。

[広告]

 同店は3階建ての1階部分に位置し、店舗面積は144坪。新鮮な生鮮食品と総菜を中心に簡便性・即食性の高い食品を提供する。

 鮮魚部門では、人気のまぐろを中心に「旬の魚」を調理した焼魚を提供する。精肉部門では、国産牛や仙台牛、ストレスを与えないで育てた熊本県産「天草ポーク」、飼料に自然の森林酢を使用し、うまみと栄養素を増やして脂肪分を減少させた宮城県産「森林鶏」も扱う。

 日用雑貨では、手軽に利用できる100円ショップ「キャン・ドゥ」を導入するほか、店内に「銀行ATM」、「水の自動販売機」なども設置する。

 同社担当者は「近隣にはマンションが多く、年内に6,000世帯以上になる予定だが、運河に囲まれた立地で買い物が不便な場所のため出店を決めた。都内店舗の平均に比べて20~30代の構成比が高いため、生活用品や消耗品などニーズにあった商品をそろえた」と話す。

 年間の目標売上高は5億5,000万円。

白金台に24時間スーパー「フーデックスプレス」-スギノキヤ跡(品川経済新聞)白金台・スギノキヤ跡地にマルエツ系「フーデックスプレス」出店へ(品川経済新聞)東急目黒線駅直結「西小山駅ビル」開業-単身者・高齢者ターゲットに(品川経済新聞)成城石井が西麻布に新業態スーパー-「個食」に対応(六本木経済新聞)マルエツ

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ