暮らす・働く

荏原町駅近くにフィットネスクラブ「P2M」 40歳以上限定、介護予防を目的に

ドイツ製のマシンが並ぶ「P2M」店内

ドイツ製のマシンが並ぶ「P2M」店内

  •  

 荏原町駅近くにフィットネスクラブ「P2M」(品川区旗の台3、TEL 03-6451-3646)がオープンして3カ月がたった。経営は公衆浴場事業や介護福祉事業を展開する新井湯(品川区)。

「P2M」が入る複合施設「FLAG3」外観

 場所は、複合施設「ガーディアン・プレイス FLAG3」の4階。1・2階には東京都認可保育園「みらいく旗の台園」、3階には同社が運営する小規模多機能型居宅介護施設「ぷらりす湯~亀SUN」がある。

[広告]

 同クラブは介護予防運動の拠点として、東京都と品川区の認定を受けている。利用者を40歳以上に限定し、短時間で成果を上げられるよう、ICT(情報通信技術)を活用したデータ管理や科学的根拠に基づいたトレーニング環境を提供する。店舗面積は32坪。

 開店の経緯について、社長の新井重雄さんは「超高齢社会の日本において、健康はかけがえのない資産。まだ若い40代のうちから介護予防を始め、病気やけがを寄せ付けない体作りが大切だと考えた」と話す。

 同クラブでは、体全体の筋力と持久力を効率的に鍛えるサーキットトレーニングを採用。マシンは、ドイツのフィットネスマシンメーカー「milon(ミロン)」で統一した。あらかじめ測定した体長や筋力などのデータをマシンに転送して重量を設定するほか、トレーニングの日付や回数をデータ化して管理する。

 そのほか、低酸素状態でトレーニングができる「ハイアルチラボ」、音波で全身を活性化してむくみや肩こりなどを改善する「SONIX」、身体の動きを感知するキネクトを使用した「NEC歩行姿勢測定システム」などの設備も用意する。常駐のインストラクターによるグループレッスンなども。入会金=1万円、月額=5,800円~。

 「2020年までには、品川区内で新たに5、6カ所を展開していきたい。将来的には役所に測定データを提出することで、利用料を免除される仕組みも作っていけたら」と新井さん。「現在は無料体験も受け付けている。今までになかったトレーニング環境をぜひ体感してみてほしい」とも。

 営業時間は、平日=9時~12時、13時~17時、19時~22時、土曜=9時~22時、日曜=9時~21時。