食べる

そば居酒屋「そば吟 大森店」 大井町「そば道」のライセンス業態

「一目でそば屋とわかる」よう工夫されたのれんをくぐった店内

「一目でそば屋とわかる」よう工夫されたのれんをくぐった店内

  • 77

  •  

 「そば吟 大森店」(品川区南大井6、TEL 03-6459-6718)が11月20日、大森駅近くにオープンした。運営は、焼き肉店「五反田ホルモン まるみち」などを展開するディーアール(東大井1)。

細打ち「挽きぐるみそば」のそば切り

 同店は、大井町で2店舗、中国の上海で1店舗を展開する「そば道」のライセンス業態。平日にサラリーマン、週末にファミリー層という幅広いターゲットの集客が見込める立地だったことから出店を決めた。同社広報担当の鈴木学さんは「自由なスタイルで楽しめるそば居酒屋。食事利用だけでなく日本酒を楽しんだ後にも、シメとしてそばを楽しんでほしい」と話す。店舗面積は15.4坪、席数は32席。

[広告]

 「冷たいそば」「温かいそば」「つけそば」「大ざるそば」の4つのカテゴリーで、20種類以上のそばメニューを用意。そばは、細打ち「挽(ひ)きぐるみそば」と太打ち「田舎そば」の2種類から選べる。一番の目玉は、複数人で食べられる「大ざるそば」(2人前800円~)で、大ざるに盛り付けたそばを、それぞれが好みのつけ汁で楽しむ。

 居酒屋メニューは「そば切り」や「かけそば」(以上700円)、「煮豚入り 魚介のこってりつけそば」(910円)のほか、「もも」(260円)などの串焼き、「旬の天ぷら盛り合わせ」(1,680円)などの天ぷら、「そば味噌(みそ)」(320円)、「そばの刺し身」(420円)なども提供する。

 ドリンクメニューは「生ビール(サッポロ黒ラベル)」(590円)のほか、日本酒では「獺祭」「楯の川」、季節限定で「新政」などを準備する(以上90cc=500円)。

 ランチは単品のほか「海老天丼とそばのセット」(980円)、「鴨つけそばと日替わり丼セット」(1,280円)、「和牛ホルモンつけそばと日替わり丼セット」(1,280円)などのセットメニューもそろえる。客単価は、昼が1,000円未満、夜が4,000円程度。

 鈴木さんは「オープン後、ランチも含め好調で手応えを感じている。この1号店を成功させて、今後は店舗数拡大につなげていきたい」と意気込む。

 営業時間は、平日11時~14時、17時~24時(土曜・日曜・祝日は11時~24時、うちランチは11時~16時)。