見る・遊ぶ

品川区内4カ所に「シナモロール」の新デザインマンホール 桜デザインなど

目黒川沿いに設置された「大崎さくらデザイン」

目黒川沿いに設置された「大崎さくらデザイン」

  •  
  •  

 サンリオのキャラクター「シナモロール」とコラボしたデザインマンホールが2月、品川区内4カ所に新設された。

 「サンリオ」(大崎1)が開発したキャラクター「シナモロール」は2017(平成29)年2月、しながわ観光大使に就任。品川区では2018(平成30)年10月から、区内に「シナモロール」のイラストを採用したデザインマンホール設置を始めた。

[広告]

 今回新たに設置したのは、シナモロールが小鳥と目黒川で花見をしている様子をあしらった「大崎さくらデザイン」(品川区大崎1)、ブラインドサッカーワールドグランプリ会場の近くで品川区ブラインドサッカー応援キャラクターの「やたたま」とシナモロールがブラインドサッカーを楽しんでいる「天王洲やたたまデザイン」(品川区東品川2)、品川橋から見る目黒川の桜が大好きな「品川紋次郎」を描いた「品川橋さくらデザイン」(品川区南品川1)、大井町駅周辺の駅前中央通りで開催される大井どんたく夏祭りに、シナモロールと品川区ビーチバレー応援キャラクターの「ビーチュウ」が遊びに来た様子を描いた「大井町ビーチュウデザイン」(品川区大井1)の4種類。区内の「シナモロール」デザインマンホールはこれで8カ所8種類となった。

 デザインマンホールの企画・設置を行う品川区防災まちづくり部道路課と品川区の観光振興を推進する品川区文化観光課、一般社団法人しながわ観光協会(品川区)の連携企画で3月7日、まち歩きツアー「品川わくわくマンホールめぐり」を開催予定だったが、新型コロナウイルス対策で中止となった。しながわ観光協会で3月1日から予定していた「しながわ観光大使 シナモロールデザインマンホールカード」の配布も現在休止している。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019