暮らす・働く

武蔵小山に子ども向けアート教室「ポケット美術教室」 しばらくは少人数対応で

講師の蔵方浩子さん

講師の蔵方浩子さん

  • 60

  •  

 子ども向けアート教室「ポケット美術教室」(品川区荏原3、TEL 080-9714-4946)が3月9日、武蔵小山駅のパルム商店街近くにオープンした。

親子イベントで制作したリュックサック

 講師はフリーランスデザイナーとして活動する蔵方浩子(くらかた・ひろこ)さん。教室は、工場倉庫跡を使う。

[広告]

 子どもと接することが好きだという蔵方さんは、デザイナーの仕事をしながら同教室の開講を決意。「子どもは、思ったことを言葉にすることが難しい。作品制作を通して、創造力の豊かさを引き出すことができれば」と話す。

 対象は3歳~小学生。講座では、画用紙に自由に絵を描き、その絵を基に粘土などを使って3次元の造形作品を作る。春夏秋冬の季節ごとに、親子で参加するイベントも用意する。

 4回の受講で1作品を完成させる。出来上がった作品は「思い出に残る成長記録」として製本し、1冊にまとめて子どもたちに渡す。「作品には、それを作ろうと思った背景がある。その時の気持ちを思い出せるよう、形に残しておくことが大切」と蔵方さん。

 コースは、「毎週コース」(9,900円)、「隔週コース」(7,500円)、夏期講習(全3回、9,900円)、体験授業(3,000円)を用意する。 要別途入会金=7,000円。

 「一番大切なのは、作品作りを楽しんでもらうこと。お子さん本人にとってかけがえのない物を作品として残すことができれば」とほほ笑む。

 開講時間は、水曜=10~18時、土曜・日曜=9時~17時。1講座の所要時間は1時間30分で、1日4講座を開講する。 現在は、新型コロナウイルス感染症対策のため、1教室当たり最大3人までの人数制限を行っている。