3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

北品川「カイドウ ブックス&コーヒー」がデリバリー開始 近隣店舗の商品も宅配

glafitバイクを利用する配達スタッフ。店主の佐藤さんは「自転車感覚で安心して乗れる」と語る

glafitバイクを利用する配達スタッフ。店主の佐藤さんは「自転車感覚で安心して乗れる」と語る

  •  
  •  

 「KAIDO books&coffee(カイドウ ブックス&コーヒー)」(品川区北品川2、TEL 03-6433-0906)が4月1日、ホットドッグなどのデリバリー「KAIDO Eats(カイドウイーツ)」を開始した。

「KAIDO Dog」(650円)(右)と「SALSA Dog」(700円)

 同店は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、4月1日から1カ月間の店舗営業を自粛。現在はデリバリーとテークアウトのみの営業に切り替えている。

[広告]

 デリバリーサービスは、常連客の「外に買い物に行くのが不安」という声を受けて開始に踏み切った。配達範囲は同店近隣を中心に、北は高輪ゲートウェイ駅、東は八潮団地、南は立会川駅、西は大崎~目黒エリア。購入金額が2,000円以上で受け付け、配達料は別途500円かかる。

 配達は自転車や原付スクーターに加え、glafit(和歌山県)からレンタルした電動バイク「glafitバイク」を利用する。同社は3月30日、新型コロナウイルス対策支援の一環として、東京都内のフードデリバリー業務に2カ月間のglafitバイク無償レンタルを呼び掛け、KAIDO Eatsがこれに応募した。

 メニューは「KAIDO Dog」(650円)や「SALSA Dog」(700円)のほか、「生スコーン」(400円)、レモネード(550円)、「スペシャルティーコーヒー豆」(100グラム=850円)など。来週からは水出しコーヒー(500円)の提供も予定する。

 そのほか、利用客の注文に応じて「zakka+cafe La capi」(北品川1)のスイーツなど近隣店舗の商品も配達する。配達料は、利用客が注文する商品の店舗数が増えるごとに150円増。

 店主の佐藤亮太さんは3月上旬、休校になった子どもたちに立ち寄り場所を提供する「黄色いてるてる坊主」を企画するなど、北品川商店街を中心に活動している。「近隣の商店街では他の店も続々と営業を自粛している。このままでは、新型コロナウイルスの流行が落ち着いた頃には商店街が機能しなくなってしまうかもしれない。今後は10軒程度の店舗と協力し、商店街を回って複数の店の商品をお届けするのが目標」と話す。

 配達の仕組みについては、「まだ試行錯誤の最中。手間はかかるが、その手間を惜しんでいては前に進めない。お客さまからもいろいろな要望をいただき、互いに続けやすい形を模索していけたら」と佐藤さん。「『スイーツが食べたい』『こんなお弁当が食べたい』といった声があれば、近隣の店舗と協力して実現方法を考えたい。困ったときや何か必要なものがあれば、気軽にご連絡いただければ」と呼び掛ける。

 配達時間は10時30分~20時(最終注文は19時まで)。火曜定休。

 なお、glafitは4月2日、都内飲食店を対象とした「glafitバイク」の無償貸し出しを20台追加した。同社ウェブサイトで申し込みを受け付ける。貸与期間は4月16日から6月中旬まで。

Stay at Home