食べる

田町に「フラックスカフェ」 フィットネス事業会社が運営、高タンパクメニューも

「FLUX CAFE田町」店内(写真提供=FLUX CAFE田町)

「FLUX CAFE田町」店内(写真提供=FLUX CAFE田町)

  • 22

  •  

 「FLUX CAFE(フラックス カフェ)田町」(港区芝5、TEL 03-6435-1621)が、第一京浜沿いの札の辻交差点近くにオープンして3カ月がたった。運営はフィットネス事業を手掛けるFLUX(渋谷区)。

「FLUX CAFE田町」店舗外観(写真提供=FLUX CAFE田町)

 同店のコンセプトは「身体(からだ)にいいことはじめよう」。代官山店に続く2号店で、オフィスビル「三田ベルジュビル」1階に入る。店舗面積は48平方メートル。

[広告]

 カフェ事業を始めた経緯について、同社ウェルネス経営企画部部長の冨岡祐司さんは「食事と健康は密接な関係にある。運動のみならず、食事を通して幅広い人たちに健康を届けたいと考えた。オフィスワーカーの健康増進を図ろうと、田町エリアへの出店を決めた」と説明する。

 フードメニューは、丼、サラダ、プレートを提供する。丼は化学調味料不使用の「麻婆(マーボー)豆腐丼」(850円)、「特製唐揚げ丼」(950円)、「豚生姜(しょうが)焼き丼」(1,000円)で、白米か雑穀米を選べる(大盛りは50円増し)。サラダは「棒棒鶏(バンバンジー)サラダ」(1,200円)、「エスニックサラダ」(1,400円)、「ビビンバサラダ」(1,500円)、高タンパクなプロテインミールを使うプレートは「チキンミール」(1,000円)、「サーモンミール」(1,300円)、「ビーフミール」(1,500円)を用意する。いずれもスープ付き。

 ドリンクメニューは、「FLUXブレンド」(400円)、カフェラテ、オーガニックティー(以上500円)、「グリーンスムージー」(700円)、「マヌカハニーレモネード」(600円)、「生姜甘酒」「豆乳おしるこ」(以上500円)などを提供する。チョコミントやストロベリーチーズケーキなど5種類のフレーバーをそろえる「プロテインドリンク」(各850円)も。商品はテークアウト・デリバリーに対応し、別途容器代がかかる。

 今後については、「健康への需要が高まる中、おいしさと満足度を両立できる店を目指したい」と冨岡さん。「コロナ禍で昨今はリモートワークが進んでいるが、出社の日は気軽に立ち寄ってほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は、イートイン=9時~21時(3月7日までは11時~14時の短縮営業)、テークアウト=11時~14時、デリバリー=8時30分~16時30分(ウーバーイーツ、ウォルトなど)。日曜定休。新型コロナウイルス感染症対策として消毒用アルコールを全席に設置し、利用客の検温、換気などを行う。

ピックアップ