買う 暮らす・働く

田町駅前「TSUTAYA」が再リニューアル 全館コワーキングスペース業態は全国初

「TSUTAYA(ツタヤ) 田町駅前店」外観

「TSUTAYA(ツタヤ) 田町駅前店」外観

  • 30

  •  

 「TSUTAYA(ツタヤ) 田町駅前店」(港区芝5、TEL 03-5419-1919)が8月23日、時間利用制の「SHARE LOUNGE(シェアラウンジ)」にリニューアルした。経営はカルチュア・コンビニエンス・クラブ(渋谷区)。

2階の作業スペース

[広告]

 SHARE LOUNGEはシェアオフィスとラウンジの機能を持ち、「TSUTAYA BOOK STORE 渋谷スクランブルスクエア」(渋谷区)など全国9店舗に併設する同社のコワーキングスペース業態。全館をSHARE LOUNGEとして営業するのは田町駅前店が全国初。

 同店は2005(平成17)年に開店。2020年7月には、SHARE LOUNGE併設店としてリニューアルオープンした。店舗面積は176坪。今回の再リニューアルで席数が50席増え、1階・2階合わせて160席。

 リニューアルの経緯について、店長の杉田恒之さんは「世間的にリモートワークが広がり、働き方が自由になってきた。街中にコワーキングスペースが増え、時間制で利用する空間に対する認知も上がってきたように思う。SHARE LOUNGEは自宅より集中でき、本に囲まれて知的刺激を受ける居心地の良さが好評。密集を避けるために席数を増やし、オンラインミーティング席を充実させることで、利用客の要望に応えた」と話す。

 1階のカフェスペースは、話しながら作業できる2人席やソファ席を用意した。ソフトドリンク37種類、軽食のナッツバー24種類、森永製菓(芝5)のヨーグルトやプリンなどをそろえる。アルコールは「ヒューガルデン」、スパークリングワイン「ポールスター」、「サッポロチューハイ 99.99フォーナイン」など8種類で、サーバーから利用者が自分で注ぐ仕組み。軽食の持ち込み可。

 そのほか、書籍1万冊や雑貨を販売する。SHARE LOUNGEを利用せず購入を希望する場合は、入り口でスタッフに声を掛ける。

 2階は個人作業に集中できるスペースとして、全席に仕切りを設け、電源を備える。オンラインミーティング用のブース13席、マッサージチェア2席、スーツなどの衣類をスチームでクリーニングする「LG styler」も設置。モニターやPC台、文具、ツタヤ家電が選んだオンライン会議用のライトやケーブル、マッサージ器などの製品を無料で貸し出す。

 利用プランは、一般(30分=550円、延長30分=550円、1日最大3,520円)、アプリ会員(30分=495円、延長30分=495円、1日最大3,520円)、月額メンバー(1カ月=3万3,000円)。ドリンクやスナック利用の追加料金は発生しない。会計は現金不可で、クレジットカード、交通系ICカードなど各種キャッシュレス決済に対応する。

 「月額利用のメンバーが増え、場になじんで過ごす様子が見られる」と杉田さん。同店イベントコミュニティー担当の大坪智さんは「昨年のリニューアル以来、誰でも参加できる5~25人ほどの小規模なワークショップや講座、出版イベントなどを開催してきた。地域の方とのつながりが生まれた実感もある。今後はSHARE LOUNGEの利用者も朝や仕事後に気軽に参加でき、コミュニティーが生まれるような場を作れたら。現在はイベントを休止しているが、状況が落ち着いたら再開したい」と話す。

 営業時間は6時30分~23時。緊急事態宣言中は20時閉店で、アルコールの提供を取りやめる。新型コロナウイルス感染症への対策として、店内に消毒液を設置。使用後の座席を消毒し、スタッフは常時マスクを着用。利用客にもマスクの着用をお願いする。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース