食べる

白金高輪に「ベジボンドカフェ」 十文字ヴィレッジの野菜や果物使う

「THE VEGEBOND CAFE」外観(写真提供=TSUNAGU)

「THE VEGEBOND CAFE」外観(写真提供=TSUNAGU)

  • 6

  •  

 「THE VEGEBOND CAFE(ザ ベジボンド カフェ)」(港区白金1、TEL 03-6456-4086)が白金高輪エリアにオープンして2カ月がたつ。運営はTSUNAGU(白金3)。

「THE VEGEBOND CAFE」店内は柔らかいピンクを基調とする(写真提供=TSUNAGU)

[広告]

 コンセプトは「美味(おい)しくて体が喜ぶ一杯を」。同社社長の外里智温(ちはる)さんは「昔から野菜と果物が大好き。仕事で体に負担がかかっていた時期に野菜ジュースの健康効果を実感し、ジュース店を開きたいと思った」と話す。店名は10年前から考えていたもので、「野菜を通じて人とつながりたい」という気持ちから付けたという。

 白金高輪エリアでの開店について、外里さんは「長く住んでいる場所で、この地域の面白さをいろんな人に知ってもらいたかった。ノスタルジックな面影があり、これから発展する力もある。町と共に成長し、地域に貢献したい」と話す。

 内装は海外のジュース店のような空間をイメージしたという。外壁は緑色を塗り、窓ガラスにはロンドンの地下鉄マップをイメージしたデザインをあしらい、駅名の代わりにメニューを記載する。店舗面積は10坪、席数はカウンター5席。

 野菜と果物に含まれる栄養素を壊さない製法で作るというジュースやスムージー、スープ、サラダを提供する。野菜や果物は、十文字ヴィレッジ(群馬県高崎市)の専用畑で生産しているものを中心に使う。砂糖などの甘味料は使わない。

 看板商品のオリジナルブレンドジュースは、リンゴとニンジンをベースに7種類の野菜と果物をブレンドした「ベジボンドスペシャル」(レギュラー=780円、ラージ=1,280円)など4種類。専用のマシンで野菜や果物を搾るコールドプレスジュースは「ビーツ」(同=710円、同=1,180円)など4種類をそろえる。

 このほか、グリーンスムージーは、ケールや小松菜などの葉野菜が入った「グリーンモンスター」(レギュラー=780円、ラージ=1,280円)など8種類。旬の材料を使ったフルーツジュースは「キウイ」(以上、同=650円、同=1,100円)や季節限定メニューなど8種類で、夏はフローズン、冬はホットで用意する。バナナジュース(同=500円、同=820円)、天野屋(千代田区)の甘酒(同=550円~、同=900円~)、サラダ(580円~)、スープ(600円)、コーヒー(350円)、紅茶(300円)なども。

 「生活習慣やニーズに寄り添った一杯を提供する。その日の体調に合わせて選んでほしい」と外里さん。今後については「通販も準備中。地域に貢献するために何ができるのかを考えながら、当店を通じて幸せな気持ちになってもらえるよう、元気で明るい接客をしていきたい」と意気込む。

 営業時間は7時30分~19時(土曜・日曜・祝日は8時30分~)。新型コロナウイルス感染症の対策として、消毒用アルコールを設置し、換気する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース