「ゲートシティ大崎」が10周年-記念でプレゼントキャンペーンなど

竣工当時の「ゲートシティ大崎」。外観、内観ともに10年前と変わらない。

竣工当時の「ゲートシティ大崎」。外観、内観ともに10年前と変わらない。

  •  
  •  

 大崎駅南改札口に直結した「ゲートシティ大崎」(品川区大崎1、TEL 03‐5496‐3131)が2月10日、10周年を迎える。

「ゲートシティ大崎」の地下一階にある「アトリウム」。

 ゲートシティ大崎は現在、1日に約4万7,000人が利用する複合再開発施設。オフィス棟「ウエストタワー」「イーストタワー」、商業施設「ゲートシティプラザ」、住宅棟などで構成される。コンサートや試写会などが行われる「ゲートシティホール」や研修などに使える「ゲートシティルーム」なども併設。三井不動産(中央区)が運営を手掛ける。

[広告]

 同施設は10周年を記念して「10thアニバーサリー・プレゼントキャンペーン」を開催。キャンペーン対象店舗での利用客に、500円につき抽選補助券1枚を進呈し、6枚で1回抽選に参加できる。対象店舗の飲食店では、オーダーすると抽選券1枚を進呈する「スペシャルメニュー」を用意。賞品には「グレートバリアリーフの窓口 ケアンズ ペア5日間の旅」「有機ELテレビ」などを賞品に用意する。

 2月のイベントは、地下1階の「アトリウム」で開かれる「ゲートシティ大崎を訪れた有名人・著名人 パネル展」(2月1日~11日)、NHK『地球に触れるエコ大紀行』のテーマソングを歌う奥華子さんによるライブ「バレンタイン・コンサート」(同14日13時開演)など。館内のアイリッシュパブ「The ShANNONS(ザ・シャノンズ)」が開く「アイリッシュ・ミュージック・フェスタ」(同27日~3月1日)では、来日したアイリッシュミュージシャンが生演奏を披露する。

 同ビルマネジメントオフィスの担当者は「建築用語に、建物の老朽化を指す『経年劣化』という言葉があるが、この施設では『経年優化』を目指し、10年たった今も古さを感じさせないよう努力している。今回は、10周年を迎えられた感謝を込めてプレゼントキャンペーンを企画した。今後もこの大崎の街とともにグレードアップを図っていきたい」と話す。

 プレゼントキャンペーンは2月23日まで。

  • はてなブックマークに追加