食べる

武蔵小山に韓国料理のカフェ&バー、韓国語教室が移転を機に開業

武蔵小山駅近くにオープンした韓国料理のカフェ&バー「KOKO」

武蔵小山駅近くにオープンした韓国料理のカフェ&バー「KOKO」

  •  

 東急目黒線・武蔵小山駅近くに4月18日、韓国料理のカフェ&バー「KOKO」(品川区小山4、TEL 03-6426-1558)がオープンした。

カフェメニューのユルム茶と韓国の伝統菓子

 1階は同店で、2階に韓国語教室を併設する。同教室は5年ほど前から西小山で展開していた「KOKOランゲージホームスクール」で、今回の移転を機に飲食店を開業。「繁華街の近くに教室を移転したいと思い、2年ほど前から物件を探していた。偶然紹介された今回の物件が2階建てだったため、生徒さんに相談したらマッコリが飲めるバーはどうかと提案があった」とオーナーのコウ・ミンソクさん。

[広告]

 「韓国文化の交流の場」をコンセプトに据え、語学教室の教師が接客を行う。店舗面積は10坪で、席数はテーブル4席、カウンター5席。

 ランチライムは「サムゲタン」(1,000円)、「漢方豚のカルビ定食」(900円)、「石焼きビビンバ」(850円)、「冷麺」(750円)、「ビビム麺」(800円)などの韓国の家庭料理を中心に用意する。

 カフェタイムはハト麦やクルミ、ピーナツを使用したユルム茶、五味子(オミジャ)茶、ザクロ(ソンニュ)茶、ナツメ(テッチュ)茶、カリン(モクウァ)茶などの韓国茶を500円(韓国の伝統菓子付き)で提供。このほか、ブレンドコーヒー(280円)、カフェラテ、カプチーノ(330円)なども。

 ディナーはネギ、豚肉、牛肉、豆腐などを混ぜ合わせて焼く「トングランテン」とたらとズッキーニを盛り合わせた「楽しみチヂミ盛り合わせ」(1,000円)、「トクポッキ」(800円)、ゆでた豚肉とキムチを白菜で巻いて食べる「ポサム」(1,080円)、どんぐりで作る豆腐のような食感の「自家製ドトリムック」(800円)など。

 ドリンクは、生マッコリ(1杯550円、やかん1,300円)、日本産「自家製マッコリ」(同600円、同1,400円)、「モモマッコリ」「シークァサーマッコリ」「ヤクルトマッコリ」(以上500円)、「高麗人参マッコリ」「キウイマッコリ」(以上550円)などのマッコリカクテルを幅広くそろえる。

 コウさんは「スタッフが韓国語教室の教師なので韓国文化を伝えやすい。教室の生徒さんからは、韓国アイドルの誕生日に店を貸し切りたいという要望も。本場家庭料理やマッコリを楽しんでいただきながら、日本と韓国の掛け橋となれれば」と話す。

 営業時間は11時~24時(15時~18時はカフェタイム)。

ピックアップ

ピックアップ