食べる

白金高輪の人気フレンチビストロに2号店-ジャンル問わず和食器で提供

オーナーシェフの木下威征さん

オーナーシェフの木下威征さん

  •  
  •  

 白金高輪駅近くのフレンチビストロ「AU GAMIN DE TOKIO(オーギャマンド トキオ)」(港区白金5)の2号店「Cave de Gamin et Hanare(キャーヴ ドゥ ギャマン エ ハナレ)」(TEL 03-5420-3501)が10月1日、同店が入居するビルの地下にオープンした。経営はT.K-BLOCKS(港区)。

店奥になる8席のカウンター

 2008年5月にオープンした「オーギャマンド トキオ」。オーナーシェフの木下威征さんは、フランス、イタリアで修業した後に、原宿の「AUXBACCHANALES」の立ち上げメンバーとして約5年間、白金台の人気レストラン「MAURESCUE(モレスク)」の料理長として約9年間活躍した後、独立した。

[広告]

 2号店のオープンについて、「おかげさまで『オーギャマンド トキオ』は、多くのお客さまにご利用いただくようになった。お待たせすることも増えてしまったので、ウエイティングバーを作ろうと思ったのがきっかけ。弟子も育ってきたので1号店を任せて、よりお客さまと近い距離で仕事をいたいと考えていた」と話す。

 バーとして展開する予定だったが、木下さんの常連客から食事もできるようにしてほしいとリクエストに応えて食事も提供することに。「人に会いに来る店を作りたい。ここに来れば何かおいしいものを出してくれるだろうというお客さまが夜な夜な集まってくるような、“深夜食堂”のイメージ」と木下さん。

 店名はフランス語で「いたずらっ子の地下室&離れ」の意。「HANARE」と呼ばれる店奥で、カウンター越しに木下さんが腕を振るう。店舗面積は約28坪、席数はバー=20席、店奥のカウンター席=8席。

 メニューは日替わり。「カシューナッツ豆腐」(500円)、「アボカドの白あえと炙りづけマグロ」「イチジクとイベリコ生ハムのスカモルツァチーズのせ」(以上1,800円)、「焼フォアグラとカボチャの煮こごりテリーヌ」(2,400円)など、これまで木下さんが蓄積したフレンチやイタリアンなどの技法を取り入れた「木下料理」を和食器で提供する。

 ドリンクはワイン(グラス1,000円~、ボトル7,000円前後)をメーンにそろえるほか、日本酒、焼酎(1合1,200円~1,800円)など和を意識したものも。客単価は1万円。

 木下さんは「『オーギャマンド トキオ』はフレンチだが、日本の食材もどんどん取り入れて、世界へ発信できる料理を常に意識している。今後はスタッフの教育にも力を入れて、皆が同じ方向を見ながらこのブランドを育てていきたい」と力を込める。

 営業時間は18時~翌2時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加