食べる

品川駅港南口の路地裏に「たちのみ処 かすが」-地元育ちの店主が切り盛り

現在は男性の利用客が8割。「スタッフが女性2人なので、ぜひ女性のお客さまにも気軽にご利用いただきたい」と鄭さん

現在は男性の利用客が8割。「スタッフが女性2人なので、ぜひ女性のお客さまにも気軽にご利用いただきたい」と鄭さん

  •  

 JR品川駅港南口前の路地裏に10月26日、立ち飲み居酒屋「たちのみ処 かすが」(港区港南2、TEL 03-3458-0255)がオープンした。

通りに面した店の目印

 店主は港南口エリア育ちの鄭明珠(ていみょんじゅ)さん。同じ路地裏で「韓国風居酒屋 かすが」を経営していたが、フロア改装のため9月末に閉店した。「小さい時からよく知っている場所だし、運よく近くの場所が借りられたので、立ち飲み店として新しく店を開いた。この路地裏だけは再開発エリアにも入らず、昔のままの姿が残っている」と鄭さん。

[広告]

 鄭さんと女性スタッフの2人で切り盛りする同店。店内にはK-POPを流し、「女性も気兼ねなく飲める店」をコンセプトに据える。店舗面積は4.5坪で、最大20人を収容する。

 メニューは、「スルメの天ぷら」「もつの煮込み」「煮豚」(以上400円)、「チヂミ」(480円)、食肉市場から仕入れた「国産和牛 ミスジ串焼き(3本)」(600円)などを提供。ランチはカレーライス(400円)のみ用意し、チキンカツ(150円)、コロッケ(100円)などのトッピングも可能。ランチは17時まで椅子有り。

 ドリンクは、常連客が考案したというビールを生マッコリで割った「純生マッコビー」(480円)、さまざまな種類を都度そろえる「プレミアム焼酎」(680円~)、「紅酢(ホンチョ)杯」(400円)、生ビール(380円)、サワー(330円)、果実酒、日本酒(以上400円)など幅広くそろえる。

 今後について、鄭さんは「常連のお客さまを大切にして、ずっとこの場所で営業していきたい。落ち着いたら異なるジャンルの立ち飲み店を出店できれば」と意欲を見せる。

 営業時間は11時30分~24時(土曜は17時~)。

ピックアップ