食べる

品川区役所近くにダイニングバー、DJブース備えイベントにも対応

「SHOCK」の宇野店長。「閉店時間は決まっていませんが、僕の体力の続く限り営業します!」

「SHOCK」の宇野店長。「閉店時間は決まっていませんが、僕の体力の続く限り営業します!」

  • 0

  •  

 品川区役所近くに、ダイニングバー「SHOCK(ショック)」(品川区二葉1、TEL 03-3781-7555)がオープンして約1カ月がたった。

店舗はマンションの地階に位置する。

 場所は大井町駅と下神明駅の中間にある住宅街の一角。店舗面積は25坪で、収容人数は70人ほど。バーとしてだけでなく、イベントホールとしても利用できる同店。地階に位置するため、防音面に優れているのが特徴。

[広告]

 DJブース、大型モニターなどの機材をそろえ、さまざまな催しに対応する。これまでにDJイベントや弾き語り、アイドルのライブなどを開催した。

 店長は宇野拓也さん(24)。デザインの専門学校を卒業後、不動産の営業マンとして働き、部長のポジションを得るまでになったが退職。DJイベントがきっかけで同店のオーナーと知り合い、店長をまかされた。「人と人とのつながりを大切に楽しく営業していければ」と宇野さん。

 メニューは単品料理を中心に枝豆、ポテトフライ、カレーコロッケ(以上500円)など。アルコールは「僕の趣味でウイスキー中心」で、「フォアローゼス」「I.W.ハーパー」「カナディアンクラブ」(以上600円)、「ワイルドターキー」「シーバスリーガル」「マッカラン」(以上700円)、「ブッカーズ」(800円)などをそろえる。ビール(600円~)、カクテル(500円)、ワイン(2,500円~)なども置く。

 宇野さんは「閉店時間は決まっておらず、できるだけ長時間営業している。仕事終わりや2次会3次会で使ってもらえるような、遅い時間まで活気のある店にできたら」と話す。

 営業時間は19時~。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ