食べる

五反田に大阪の居酒屋チェーン「王道居酒屋のりを」-都内初上陸

店長の勝井さん(写真右)とスタッフ

店長の勝井さん(写真右)とスタッフ

  •  

 西五反田エリアに8月1日、「王道居酒屋のりを 五反田店」(品川区西五反田1、TEL 03-3495-1290)がオープンした。経営は、大阪を中心に居酒屋を展開する「エフエルシーフーズ」(大阪府大阪市)。

夏食材満喫コース(4,200円)

 「王道居酒屋のりを」は、「低価格と高品質」を売りに、大阪を中心に32店舗を展開。同店は都内初出店となる。東京へ進出した理由について、取締役部長の山口英彦さんは「6年前の創業当初から、東京でも店を出すことを考えていた。大阪で基盤を作り、人材も十分育ってきたので、進出しても大丈夫だと判断した」と話す。

[広告]

 五反田に店を構えたことについては「私たちのターゲットはサラリーマン。ビジネス街であることを第一に、物件を探していた。五反田は大人の街の雰囲気があり、『ここで商売がしたい』という思いが湧き上がった」と山口さん。

 メニューは大阪と差別化を図り、低価格ながらも、「よりクオリティーの高い」創作料理を用意する。「合鴨とクリームチーズのトルティーヤ」や「鶏ももスパイシーグリル」(以上609円)や「マグロと長芋のカルパッチョ」(473円)、「海老ときのこのハーブ焼き」(714円)を提供。「まずは枝豆」「やみつきキューリ」「たこわさび」(305円)など、低価格メニューもそろえる。

 ドリンクは「中ジョッキ樽詰め」や酎ハイ、焼酎、カクテルなどを305円で提供する。

 店長の勝井隆太郎さんは「価格以上の価値のある料理を提供することで、お客さんに笑顔になってもらいたい。従業員一同、元気よく笑顔で接客する」と力を込める。 

 「東京と大阪では、店に求められている内容が違う。料理内容や店内の雰囲気など、これからも勉強していく」と山口さん。「五反田を皮切りに、都内でも拡大していきたい。3年で最低でも10店舗を目指している」とも。

 営業時間は17時~翌2時。