食べる

五反田で日本酒イベント「THE JOY OF SAKE」-来場者830人超え

試飲を楽しむ着物姿の女性

試飲を楽しむ着物姿の女性

  •  
  •  

 五反田TOCビル(品川区西五反田7)で11月6日、米国発の日本酒試飲イベント「THE JOY OF SAKE 2012 東京」が開かれた。主催はNPO「JOY OF SAKE」(ホノルル)。入場チケットは8,000円。

会場には359種類の日本酒が並べられた

 開会式では、7月にホノルルで行われた「全米日本酒歓評会」の受賞酒を発表。トップゴールド賞の大吟醸A部門は「梵・夢は正夢(Born:Dreams Come True)」、大吟醸B部門は「さくら大吟醸」、吟醸部門は「出羽桜 純米吟醸 雄町」、純米部門は「雪の茅舎 山廃純米」がそれぞれ受賞した。

[広告]

 会場には「全米日本酒歓評会」に出品された359銘柄が並び、13種類の酒のつまみが用意された。来場した女性は、「これだけの数の日本酒と有名レストランの料理を味わうことができて大満足」と話した。

 運営側の発表によると、来場者数は830人以上。主宰者のクリス・ピアスさんは「来場者数は昨年を上回った。日本酒を楽しもうと、こんなに大勢に人が集まってくれて本当にうれしい。来年も再来年も続けていければ」と意気込む。

  • はてなブックマークに追加