食べる

大井競馬場で「大井オクトーバーフェスト2013」-競馬場で史上初開催

ドイツ料理とビール。画像提供/東京シティ競馬

ドイツ料理とビール。画像提供/東京シティ競馬

  •  
  •  

 大井競馬場(品川区勝島2)の内馬場で7月29日、「大井オクトーバーフェスト2013」が始まった。主催はオクトーバーフェスト実行委員会。

ドイツビール

 オクトーバーフェストは、ドイツ・ミュンヘンで毎年秋に開かれている世界最大のビールイベント。近年は日比谷やお台場、横浜など、各地で催されている。日本の競馬場では史上初開催。

[広告]

 東京シティ競馬広報係の舩越悠介さんは「オクトーバーフェストは、1810年にドイツのルートヴィヒ皇太子とザクセン皇女の結婚を祝う場で競馬が催され、それが翌年以降も開かれたことが始まりと聞いた。競馬場とオクトーバーフェストに深いゆかりがあることを知り、開催を決めた」と話す。「もともと、夏に内馬場の開放的なスペースを利用して、ビアガーデンのようなビールイベントを開きたいと思っていた」とも。

 ビールは、「パウラーナー セント・トーマス」(300ミリリットル=1,000円、500ミリリットル=1,500円)や「オクトーバーフェストヴァイツェン」(500ミリリットル=1,100円、1リットル=2,000円)など、各種ドイツ銘柄をそろえる。

 フードは、「ジャーマンプレート」(2,000円)や「ハンブルグ風煮込みハンバーグとカレーブルストのグルメセット」(1,800円)、「スパイシーカレードッグ」(600円)、「ムール貝の白ワイン蒸し」(1,400円)などを用意する。

 「1日1000人くらいの利用者を見込んでいる」と舩越さん。「タイミングが合えば、競馬を見ながらビールを楽しむことができる。普段とは違う雰囲気を楽しんでもらえれば」とも。

 開催時間は14時20分~21時。入場料100円。8月2日まで。同12日~16日にも開催。

  • はてなブックマークに追加