食べる

大井町に串揚げ店「東京大井町 串あん」-串揚げ約30種を提供

若林さん(左)とスタッフ

若林さん(左)とスタッフ

  •  
  •  

 大井町駅近くに12月20日、串揚げ店「東京大井町 串あん」(品川区大井1、TEL 03-5718-7230)がオープンした。店舗面積は16坪、席数は30席。

2階テーブル席(画像提供/フードクルーズファクトリー)

 首都圏を中心に居酒屋を出店するフードクルーズファクトリー(渋谷区)の新業態。店長の若林強さんは「串揚げの店を持ちたいとずっと考えていた。たまたま建設途中の物件を見つけ、飲食店を出させてもらえないか交渉した」と話す。

[広告]

 店舗は、1階に立ち飲みスペース、2階にテーブル席を用意。「1階は、仕事帰りに気軽に立ち寄れるイメージ。2階はゆったりとしたラウンジになっているので、ゆっくり食事とおしゃべりを楽しんでいただければ」

 メニューは、「平牧直送三元豚三本盛り」(700円)や「ロース」「ヒレ」「カキ」「エビ」「タイ」(以上250円)、「子持ちこんぶ」(350円)、「カジキマグロ」「カマンベール」(以上200円)、「れんこん」「マッシュルーム」「ししとう」「アボカド」「にんにく」(以上150円)など、約30種を提供する。そのほか、「牛すじ煮こみ」(小=480円、大=780円)や「ぶっかけそーめん」(480円)、「ぷちトマトのワイン漬け」「さきいかの天ぷら」「自家製ピクルス」(以上380円)、「茎わさび」(480円)なども。

 ドリンクは、スパークリング系のアルコールメニューを中心に用意。スパークリングワインは約20種、発泡日本酒は約10種を取り扱う。そのほか、「生ビール(アサヒスーパードライ)」(500円)や「串あんハイボール」「生レモンサワー」「ウーロンハイ」(以上450円)、焼酎各種(550円)などを提供。想定客単価は3,500円。

 「大井町は住民同士のコミュニティーがしっかりしていて、地元愛を感じる。まずは地域に愛される店を目指したい」と若林さん。「今後はインターネットを活用した宣伝に力を入れていく予定」とも。

 営業時間は17時~翌5時。

  • はてなブックマークに追加