食べる

戸越銀座に塩の専門店「solco」-39種類を店内でテイスティング可能

オーナーの田中さん(左)と妹でスタッフの澄子さん

オーナーの田中さん(左)と妹でスタッフの澄子さん

  •  

 戸越銀座商店街に12月10日、塩専門店「solco(ソルコ)」(品川区豊町1、TEL 03-6426-8101)がオープンした。店舗面積は13坪。

「solco」の店内

 オーナーの田中園子さんは、現在日本で資格保持者が2人だけのソルトコーディネーター2級を取得。日本ソルトコーディネーター協会の講師を務める。

[広告]

 「石巻で食べた『伊達(だて)の旨塩』に感動したのが塩にはまったきっかけ。塩のワークショップを不定期に行いながら、専門店を開きたいと考えた」と田中さん。「商店街が大好きで、銀六会理事長にアドバイスをもらいながら開業準備を進めた」と話す。

 同店では国内外で作られた39種類の塩を取り扱う。培養試験管を用いたオリジナルのボトルで販売するほか、イートインスペースを設け、全ての塩のテイスティングやデリメニューに振り掛けての飲食が可能。田中さんは「それぞれの色や味といった塩の個性や、お客さんの味覚に合った食材との組み合わせを楽しんでもらえたら」と話す。

 ボトルでは、「ローソク島の塩 藻塩」(40グラム=1,000円)や「青い海」「笹川流れの塩」(以上、 同600円)などの国内産や、「ハワイアンシーソルトアラエア」「ヒマラヤブラックソルト」(以上、50グラム=900円)、「ウユニ塩湖の塩」(同800円)などの海外産のほか、「あっちゃんの紅塩」(35グラム=900円)や一番人気の「とごしぎんざのソルト/カレーソルト」(同800円)といった調味塩を取りそろえる。ボトルの継ぎ足しや量り売りにも対応。

 デリメニューに使用する食材は全てオーガニックにこだわる。「塩結び(えんむすび)」(白米・玄米、各85円)や「季節のポタージュ」(200円)のほか、平日限定の「ソルコべんとう」(680円)や土曜・日曜限定の食べ歩きメニュー「塩豚のグリルwithベジ」(350円)などを用意する。そのほか、「塩キャラメルケーキ」(300円)などのスイーツも提供する(価格は全て税別)。客単価は1,000円。

 今後の展望について「お客さんからの要望が多いので、戸越や五反田エリアでデリバリーを始めたい」と田中さん。「店内でワークショップや塩を楽しむ立食パーティーイベントを開催して、いろんな形で情報や楽しさを伝えていけたら」とも。

 営業時間は11時~19時。