暮らす・働く

武蔵小山に「ペットショップCoo&RIKU」と「猫喫茶 空陸屋」 2業態同時出店

猫カフェが併設された「ペットショップCoo&RIKU」の外観

猫カフェが併設された「ペットショップCoo&RIKU」の外観

  •  

 武蔵小山商店街パルムに9月9日、「ペットショップCoo&RIKU 武蔵小山店」と「猫喫茶 空陸屋武蔵小山店」(品川区小山3、TEL 03-6426-2512)が同時オープンした。運営はCOO&RIKU(千代田区)。

「猫喫茶 空陸屋」店内でくつろぐ猫たち

 同ビルは、1階にペットショップ、2階に猫カフェの別業態で営業。前者は全国140店舗、後者は同26店舗をチェーン展開している。店舗面積は合わせて60坪。

[広告]

 出店の経緯について、同店マネジャーの飯野亮平さんは「武蔵小山は活気のある商店街があり、子どもからお年寄りまで幅広い層の人が行き交う街。そのような地域で、ペットと一緒に過ごす生活を提案できないかと思った」と話す。

 ペットショップには、トイプードルやチワワ、ダックスフントなどの犬、アメリカンショートヘアやマンチカンなどの猫が在舎する。ペットフードや首輪などペット用品も販売する。

 猫カフェでは、来店客が好きな場所に座って猫とくつろぐ。用意されたおもちゃや、店内で別途購入できる猫用のおやつを購入し、触れ合うことができる。料金は30分=650円、1時間=1,200円のフリードリンク制。延長は15分ごと=300円(価格は全て税別)。

 「お客さまは家族連れが多く、お子さまといっしょにペットを見て行く人が多い。当店は2つの業態で運営しているので、それぞれ違った触れ合い方ができる」と飯野さん。「猫カフェが併設されたペットショップは都内でも珍しいのではないか。猫カフェの猫はとても人懐っこく甘え上手なので、身構えず気軽に訪れてほしい」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時~20時(土曜・日曜・祝日は10時~)。

ピックアップ

ピックアップ