見る・遊ぶ 買う

五反田にブックカフェ&バー「選書する書店 フォルケ」 1250冊から店主による選書も

店長の堀越吉太郎さん

店長の堀越吉太郎さん

  •  

 東五反田エリア・桜田通り沿いに2月1日、「選書する書店 フォルケ」(品川区東五反田1)がオープンした。運営は合同会社フォルケ。

「フォルケ」の内装

 アンティークショップを改装した同店。内装に使う本棚やテーブル、チェアもアンティークをそろえた。店舗面積18坪、席数12席。

[広告]

 店内に並ぶ書籍は古典やアート、建築などのテーマを中心に、現在の蔵書は約250冊。今後は著名人らの推薦本など約1250冊まで増やす予定だという。

 同店は「人と人が出会い、人と本が出会い、人が成長するための優れたコンテンツの提供」をコンセプトに掲げ、店長の堀越吉太郎さん自ら選書する。「選書を始めたきっかけは、北海道・いわた書店さんの『一万円選書』という取り組み。当店では、現在インターネット上でアンケートに回答をいただくと、その人に合った2冊を無料で選んでいる。まずは選書を体験いただき、新しい本と出合う魅力を知ってほしい」と呼び掛ける。

 入館料は500円。ドリンクメニューは「ビール」や「クラフトジン」、「ウイスキー」(以上、750円)、「コーヒー」(500円)など。支払いは、クレジットカードまたは交通系ICカードのみ。月額会員は入館無料。月額費用は1,000円、4,800円、1万円、招待制の4つコース。4,800円以上のコースは、住所利用や郵便物転送サービスも含めたバーチャルオフィスとして利用できる。

 「店名はデンマークの全寮制学校『フォルケホイスコーレ』に由来する。オープン後は、出版社編集者による出版関連セミナーを定期的に開催している。これからはそういったイベントも増やし、大人が学べる場として運営していければ」と話す。

 営業時間は18時~23時。月曜・火曜定休。