学ぶ・知る

森永製菓の社内にコワーキングスペース キッチン付き、社外コラボも期待

「MORINAGA Village」の内観

「MORINAGA Village」の内観

  •  

 港区スポーツセンター近くの森永芝浦ビル別館に6月14日、コワーキングスペース「MORINAGA Village(森永ヴィレッジ)」(港区芝浦1、TEL 03-6809-3341)がオープンした。運営は森永製菓(港区)。

キッチンスペースの様子

 かつて工場として使われていた事務所ビルの2階を利用する。スペース全体はシックなカラーを基調に、植物やカラフルな家具を置くことで明るい雰囲気を演出。試食イベントや料理教室などでの利用を想定し、キッチンスペースを用意した。利用者が無料で利用できるドリンク・お菓子コーナーも。スペース全体の面積は約90坪、席数は84席。

[広告]

 同社総務部の坪井俊介さんは「社員が外部の方と交流でき、かつ自由な働き方ができる居心地の良い空間を作りたいという着想から生まれたスペース。夜間や週末には、ワークショップやイベントも開催する予定」と話す。

 利用料金は、固定席が月額3万6,000円、フリー席が同1万8,000円。別途、入会金1万円が必要。ロッカーや登記利用のオプションも用意した。ドロップイン利用では、3時間1,500円、終日2,500円。決済は、クレジットカードもしくは交通系ICカードのみ。会議室やイベントスペースのレンタルも可能。

 「現在は営業やマーケティング、研究職など、業種や年代に問わず幅広く利用いただいている。スタートアップやフリーランスはもちろん、食品関係以外の企業にお勤めの方の利用も大歓迎」と坪井さん。「まずは知名度を上げて、利用者を増やしたい。長期的には、既存事業にとらわれず、イノベーションや新しい事業の種が生まれるようなスペースになれば」とほほ笑む。

 営業時間は、平日=9時~21時、土曜=10時~20時。ドロップイン利用は、月曜~土曜=10時~19時。日曜・祝日定休。