食べる

西五反田にダイニングバー「ザ モーニング サンシャイン」 上階にカラオケとバーカウンター

「thee morning sunshiNe」3階フロア

「thee morning sunshiNe」3階フロア

  •  
  •  

 ダイニングバー「thee morning sunshiNe(ザ モーニング サンシャイン)」(品川区西五反田1、TEL 03-6420-3103)が西五反田エリアにオープンして2カ月がたった。

「thee morning sunshiNe」4階フロア

 4階建ての建物の3・4階に店を構える。各階は室内階段で行き来できる。3階は白を基調とし、壁に木材を使うことで、シンプルで温かみのある空間を演出する。4階はダークトーンで統一し、バーカウンターとカラオケを設置。それぞれのフロアで異なる雰囲気を楽しめるようにしたという。店舗総面積は16坪。席数はテーブル席23席、カウンター席3席。

[広告]

 出店の経緯について、オーナーの安田克彦さんは「10年ほど飲食店で働いてきて、自分のオリジナリティーが出せる店を構えたいと思った。最初は恵比寿周辺で物件を探していたが、3・4階がつながっているこの物件に一目ぼれした」と話す。

 フードメニューは、「サーモンのカルパッチョ」(980円)や「チキン南蛮」(780円)、「手作り出汁巻玉子」(680円)、「ガーリックフライドポテト」、「鶏皮餃子」(以上580円)など。「メニューは自分たちが本当においしいと思ったものだけを厳選している。これからはお客さまの要望も取り入れつつ、メニューを増やしていく」と安田さん。

 ドリンクメニューは、「オリジナルフルーツカクテル」や「サングリア 赤」、ボトルビール「コロナ」、「ハイネケン」、「ブルームーン」(以上780円)、「シャンディーガフ」(580円)、グラスワイン(500円)などを取りそろえる。

 ランチタイムは、ご飯とサラダが付くプレートメニューを提供する。「ハンバーグプレート」(600円)、「チキン南蛮プレート」(650円)、「ガパオプレート」(700円)など。客単価はランチ=650円、ディナー=3,000円。

 安田さんは「ゆくゆくは4階でバーを営業し、昼はカフェ、夜はダイニングバー、深夜はバーと、それぞれの時間帯で違った楽しみ方ができる店にしたい。五反田でありそうでなかった空間を用意しているので、ぜひ雰囲気を楽しみに来ていただければ」とほほ笑む。

 営業時間は、月曜~木曜=18時30分~23時30分(ランチ=11時30分~16時)。金曜・土曜=18時30分~翌5時。予約に応じて、営業時間外もオープンする。

  • はてなブックマークに追加