食べる

東五反田に肉めし専門店「岡むら屋」 かつや跡に、テークアウト需要も

「岡むら屋 五反田店」の外観

「岡むら屋 五反田店」の外観

  •  
  •  

 JR五反田駅東口近くに、肉めし専門店「岡むら屋 五反田店」(品川区東五反田1、TEL 03-5449-6577)がオープンして2カ月がたった。経営はアークダイニング(千代田区)。

「岡むら屋 五反田店」の内装

 「肉めし」など丼メニューを中心に提供する同店。同社の親会社・アークランドサービスホールディングス(同)が運営するとんかつ専門店「かつや 五反田東口店」跡を居抜きで使う。新橋店、秋葉原店、新宿西口店、田町店、高田馬場店に次ぐ6店舗目。店舗面積は約27坪、席数は32席。

[広告]

 出店の経緯について、営業責任者の早川正輝さんは「かつやは郊外のロードサイドを中心に、岡むら屋は都心を中心に展開していく。都内の他店舗と比べ、店内スペースが広いのが特徴」と話す。

 同店が提供する肉めしには、牛の希少な部位カッパを使う。「角切りにして8時間煮込むことでうま味が引き立ち、食感が軟らかくなる。しょうゆベースのたれにみそを隠し味に用い、あっさりとしつつもコクの深い味わいに仕上げている」と早川さん。

 フードメニューは、カッパやタマネギ、豆腐、こんにゃくが入った看板商品の「肉めし」(490円)や大根と卵を追加する「デラ肉めし」(630円)、薄切りにした牛肉を甘辛い濃厚なたれにさっとくぐらせ、丼いっぱいに盛り付けた「牛しゃぶすきめし」(750円)、唐辛子を利かせた「赤肉めし」(590円)など。そのほか「煮込豆腐」(70円)や「煮込大根」(90円)、「特製スープ」(60円)など、単品メニューも提供する。テークアウト可。

 ドリンクは、「スーパードライ」(350円)と「コーラ」(180円)を用意する。客単価は700円。

 早川さんは「地元の方のテークアウト需要が他店舗に比べて高く、驚いている。五反田の食堂として定着できるよう、使い勝手のいい店でありたい。お客さまが満足できる店舗づくりを目指していく」と笑顔を見せる。

 営業時間は10時~23時。

  • はてなブックマークに追加