食べる

西五反田にもつ焼き店「ふじ屋」 朝びきの「デイゼロホルモン」にこだわり

「五反田 ふじ屋」外観

「五反田 ふじ屋」外観

  •  
  •  

 もつ焼き店「五反田 ふじ屋」(西五反田1、TEL 03-6420-0057)が西五反田にオープンして1カ月がたった。運営は都内を中心に飲食店事業を展開する「Mountain Bull」(新宿区)。

「五反田 ふじ屋」店内

 浜松町や恵比寿などに展開する「ふじ屋」の13店舗目となる同店。店内は木材を基調に、清潔感のある作りにこだわった。席数は50席、店舗面積は22坪。

[広告]

 コンセプトは「老若男女に愛されるもつ焼き屋」。同社副社長の及川一茉さんは「好評いただいている西新宿や浜松町の店舗と客層が近く、集客を見込めると思って出店に踏み切った。五反田は他店舗と比べてフード注文が多く、商品に満足してくれるお客さんが多い印象」と話す。

 肉は朝びきの通称「デイゼロホルモン」にこだわり、解体から串打ちまですべて店内で仕込む。フードメニューは、もつ焼き「こめかみ」「たん」「れば」「しろ」(以上、150円)、「ねぎれば」(280円)、「串盛り おまかせ五本」(850円)、「センマイ刺し」(590円)、「とろれば刺し」(690円)、「塩もつ煮込み」(490円)、「ガツポン酢」「ポテトサラダ」(以上、390円)などを提供する。

 焼酎はすべて金宮焼酎を使う。ドリンクは「角ハイボール」(390円)や「生ビール」(490円)、「りんご酢サワー」「ウーロン割り」「ジャスミン割り」(以上、390円)、「バイスサワー」「名物生レモンサワー」「名物ナマグレサワー」(以上、490円)などを用意する。そのほか、ワインや日本酒も取りそろえる。お通し代は300円(以上、税別)。客単価は3,000円。

 及川さんは「お客さんに寄り添った店づくりを心掛けている。新鮮な肉には自信があるので、ぜひ一度訪れてみてほしい。地域の人々に愛される店になれば」と笑顔を見せる。

 営業時間は17時~24時。

  • はてなブックマークに追加