食べる

西五反田にスペインバル「五反田カーニバル」 姉妹店のジビエ料理を提供

サーカステントが目立つ「五反田カーニバル」外観

サーカステントが目立つ「五反田カーニバル」外観

  •  
  •  

 スペインバル「五反田カーニバル」(品川区西五反田1、TEL 03-6421-7532)が2月1日、西五反田エリアにオープンした。運営は飲食事業を展開するワンダーストライク(目黒区)。

「希少!国産ダチョウのタタキ」

 イタリアンバル「バルザル」跡を居抜きで使う。外観や内装はサーカステントをイメージし、ピエロの絵や裸電球で装飾した。店舗面積は20坪、席数はテーブル席40席、カウンター席8席。

[広告]

 出店の経緯について、同社社長の北村脩(きたむらおさむ)さんは「五反田はベンチャー企業が集まっていて、盛り上がっているエリア。一方で赤ちょうちん系の店が多く、若い世代が気軽に飲める場所はまだ少ない。20~30代の人がカジュアルに楽しめる洋風な店を出そうと考えた」と話す。

 スペイン料理を中心に姉妹店の「ワニバル」(千代田区)のジビエ料理なども提供する。フードメニューは、「マッシュルームのアヒージョ」(680円)や「パクチーとラム肉のアヒージョ」(780円)などアヒージョ料理に加え、スキレットで作る「魚介パエリア風ごはん」(880円)や「希少!国産ダチョウのタタキ」(1,000円)、「ワニのレッグステーキ」(2,800円)などを用意。

 ドリンクメニューは、赤ワイン「イニエスタ ティント」(650円~)やスパークリングワイン「カヴァ クロラソレヤ ブリュット」(700円~)、「まるごとアイスレモンサワー」、「コロナ」(以上600円)、「ジェムソン」(700円)などを取りそろえる。客単価は3,500円。

 「当店では、店舗スタッフの主体性や独自性を大切にしている。スタッフの意見やアイデアをどんどん取り入れて、お客さまが楽しめる店作りを進めていく」と北村さん。「ぜひ、ふらっと遊びに来てもらえたら」とほほ笑む。

 営業時間は17時~24時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加