3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

高輪の「ベラズカップケーキ」が新駅イメージの商品 こだわりは「和と洋の融合」

「和と洋の融合」をイメージした「Welcome 高輪 2020」

「和と洋の融合」をイメージした「Welcome 高輪 2020」

  • 129

  •  

 カップケーキ専門店「Bellas cupcakes(ベラズカップケーキ)」(港区高輪2、TEL 03-6447-7279)が現在、高輪ゲートウェイ駅開業を記念した商品「Welcome 高輪 2020」BOXを販売している。

「Bellas cupcakes(ベラズカップケーキ)」はピンクの外観が目印

 同店は「イギリス伝統のプレミアムスイーツを日本にも広めたい。みんなに喜んでもらいたい」という思いから2010(平成22)年に青山で創業。2013(平成25)年、高輪に移転オープンした。店頭のほか、オンラインで商品を販売。オリジナルカップケーキの注文も受けている。

[広告]

 「Welcome 高輪 2020」は、高輪の街がこれからますます発展していくことを記念し、高輪ゲートウェイ駅のイメージから考案。3個入り(1,600円)と6個入り(2,800円、以上税別)を用意する。3個入りは店舗限定、6個入りは店頭のほかオンラインショップで購入できる。

 代表の芦田均さんは「最も苦心したのは、高輪ゲートウェイ駅のコンセプトをどのように表現するか。駅名の由来や駅舎のコンセプトなど、さまざまな資料を見て考えを深めた」と話す。山手線の緑、京浜東北線の青をベースカラーとし、折り紙の優美な世界観を表現したという。

 こだわりは、洋と和の融合。「高輪ゲートウェイ駅は、国際交流や国際的な街としての発展をイメージしている一方で、駅舎には折り紙や木材など和を取り入れている。欧米で広く愛されているカップケーキに、抹茶味や折り鶴や和柄の模様など和のテイストをふんだんに取り入れた」と話す。

 高輪ゲートウェイ駅の開業について「50年ぶりに山手線に新駅が開業するということでワクワクしている」と芦田さん。「その地元で店を開いていて皆さまと一緒にお祝いできることをうれしく思う。この高輪の街がどのように変化、発展を遂げていくのかが楽しみ」とも。

 営業時間は10時~15時(土曜・日曜は17時まで)。月曜定休。

Stay at Home