3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

北品川に洋風居酒屋「キンバル」 店主は地元出身、「いつか品川の老舗に」

「KINBAR」の外観(提供:KINBAR)

「KINBAR」の外観(提供:KINBAR)

  • 116

  •  

 洋風居酒屋「KINBAR(キンバル)」(品川区北品川2、TEL 03-6451-4624)が旧東海道沿いの北品川商店街にオープンして1カ月がたった。

店主の金田光司さん(提供:KINBAR)

 場所は、北品川商店街にある品川区立品海公園前で、「スナック菊乃」跡。店舗面積は約13坪、席数は22席。

[広告]

 オーナーで北品川出身の金田光司さんが切り盛りする。18歳で調理人の道を選んだときから「いつか北品川で自分の店を」という思いで、クルーズ船でのパーティー料理、イタリアン、日本料理など、さまざまな厨房(ちゅうぼう)で経験を積んできたという。

 店名は、金田さんの愛称「きんちゃん」にちなむ。「肉バル」や「ワインバル」といった店名が多い中で、「僕の料理」という意味を込めて「キンバル」と名付けた。

 イタリアンと日本料理をアレンジした創作料理を提供する。「牛もつシチューキンバル風」や「鯖(さば)のスモークポテトサラダ」(以上1,000円)、「レバーペースト」(500円)など。お薦めは、「馬刺し5点盛り」、「ダチョウのたたき」(以上価格変動)などのジビエ。馬肉料理を提供するイタリアン「フレーゴリ」(渋谷区)での経験を生かして「臭みがなく、味わい深いものを提供できる」という。

 通年のメニューは用意しない。「季節によりメニューを変えることで、常連客やリピーターが飽きることなく、いつも違って楽しいと感じてもらえたら」と思いを込める。

 ドリンクは、生ビール、角ハイボール、レモンサワー(以上550円)、オリジナルレモンサワー(650円)、本日の日本酒(600円~)、メロンフロート(700円)など。ワインは赤白ボトルも用意する。

 現在は、新型コロナウイルスの感染防止のため店内営業を休業し、総菜や弁当、おつまみを店頭で販売する。「にんじんのラペ」「きゅうりとこんぶのパルメジャーノ」(以上350円)、「トマトとモッツァレラのジェノベーゼ」「キノコのマリネ」(以上450円)など、彩り鮮やかな料理が店頭に並ぶ。

 「連日満席だった店内営業を休むのは苦渋の決断だったが、テークアウトにしてからも毎日来てくれるお客さんがいる」と金田さん。「親しみやすく、何度でも来てもらえるような店になりたい。いつかは品川の老舗になれたら」と抱負を語る。

 現在のテークアウト販売は12時~19時(販売商品がなくなり次第終了)。日曜・祝日・雨天定休。通常の営業時間は、平日=17時30分~24時、土曜=17時30分~23時。日曜・祝日定休。

Stay at Home