3密を避けて新しい生活様式へ!

庭園美術館で企画展「針と糸で描くわたし」-清川あさみさんらの作品も

清川あさみ《Complex-voice》 2007年 写真、刺しゅう糸 Photo: タケミアートフォトス

清川あさみ《Complex-voice》 2007年 写真、刺しゅう糸 Photo: タケミアートフォトス

  • 0

  •  

 東京庭園美術館(港区白金台5、TEL 03-3443-0201)で7月18日、企画展「Stitch by Stitch ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」が始まる。

 同展は針と糸を使って表現する展覧会。手芸作家やクラフトデザイナーではなく、現代美術やコマーシャルのデザイナーなどの作品を展示する。参加する作家は、秋山さやかさん、伊藤存さん、奥村綱雄さん、清川あさみさん、竹村京さん、手塚愛子さん、ヌイ・プロジェクト、村山留里子さんの8組。

[広告]

 期間中、担当学芸員が展示を一緒に見て歩く「ギャラリートーク」や作家のトークイベント「アーティストトーク」を開催。そのほか、刺しゅうのワークショップとお茶会をセットにした「刺しゅうカフェ@Stitch by Stitch」も(事前申し込み制)も開く。オリジナル刺しゅうキット(予価3,150円)、ヌイ・プロジェクトによるシャツやバッグ(価格未定)などの販売も予定する。

 同展担当者の八巻さんは「8組の作家のそれぞれの表現が面白いが、特に清川あさみさん、知的障害者施設の工房ヌイ・プロジェクトの作品は、美術館で紹介されることは珍しいのでぜひ見てほしい。現代美術になじみのない方にとっても当展をきっかけとして興味をもっていただければ」と話す。

 開館時間は10時~18時(入館は17時30分まで)。第2・第4水曜休館(8月12日は臨時開館、9月24日は振替休館)。入館料は、一般=1000円、大学生(専修・各種専門学校生)=800円、小・中・高校生と65歳以上=500円。9月27日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home