天気予報

8

5

みん経トピックス

広域品川圏の星獲得は17店五反田でご当地キャラ忘年会

大崎のうどん店「秀月」が業態変更-息子がコミケ友達と協力、引き継ぐ

大崎のうどん店「秀月」が業態変更-息子がコミケ友達と協力、引き継ぐ

紫季伊冬那(シキイトナ)さん(写真左)と神谷康人さん(写真右)

写真を拡大 地図を拡大

 JR大崎駅・西口エリアに11月12日、「めしや 秀月」(品川区西品川3、TEL 03-6417-4280)がオープンした。店舗面積は10坪で、席数は12席。

「めしや 秀月」の店内

 30年以上続いたうどん店を業態変更した同店。先代が病気を患い閉店を余儀なくされたが、息子の紫季伊冬那(シキイトナ)さんと友人の神谷康人さんが店を引き継ぎ、再スタートに踏み切った。

 「店を閉じてから、両親の笑顔がなくなっていた。店を再開させることで元気を出してくれると思い、引き継ぐことを決めた。先代の味を超えることは難しいと思ったので、違うジャンルでオープンしようと思った」と紫季さん。

 2人の出会いは約10年前。同人誌即売会・コミックマーケットでたまたま隣同士に座り、そこから交友が始まった。紫季さんは「人生何が起こるか分からない」と笑う。

 メニューは「つくねハツ」(150円)や「関西お好み焼き」「唐揚げと卵の親子シーザーサラダ」(以上500円)、「鶏一枚丸ごと空揚げ」(580円)、「ポークフランク」(300円)、「だし茶漬け(梅、鮭)」(400円)など。

 アルコールは「生ビール キリン一番搾り」(400円)や「ギネスビール」「吉兆 宝山」(以上650円)、「壱乃越州」(500円)、「夢果実」(リンゴ・ベリーベリーほか4種)、480円)などを取りそろえる。

 今後については、「メニューをもっと増やしていく予定」と紫季さん。「人の笑顔を見るのが大好きなので、笑顔が絶えないような店にしていきたい」とも。

 営業時間は平日=11時~14時、18時~24時。土曜=18時~24時。日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「品川職場ワクワク自慢グランプリ 2017」プレゼンテーションの様子
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング