食べる

白金高輪に空揚げ専門店-ワインやシャンパンに合う空揚げを提供

「からあげ家東京」の空揚げを持つスタッフ。テークアウトもできる

「からあげ家東京」の空揚げを持つスタッフ。テークアウトもできる

  • 0

  •  

 白金高輪駅近くに3月5日、空揚げ専門店「からあげ家東京」(港区白金5、TEL 03-5422-7427)がオープンした。

ゼブラ柄の扉が目印「からあげ家東京」

 外資系金融企業に勤めていた泉田健作さんが、カメラマンでフードコーディネーターの浅田洋さんをパートナーに迎えて開業。4~5年前から互いの家を行き来していたことから、店内は「家の中にいるようなイメージ」に。アンティークなどを織り交ぜ、さまざまな種類の家具をそろえた。店舗面積は約15坪で、席数は23席。

[広告]

 コンセプトは「新しい空揚げ」。女性をターゲットに据えて、「フライドチキン感覚」で中華料理やフレンチの手法で作るという。

 同店では、ホロリと骨の周りの肉が取れるという骨付き空揚げ「ほろり揚げ」とオリジナルで開発した骨なしモモ肉「ふわり揚げ」の2種を用意する。「ほろり揚げ」は手羽先(3ピース660円)、手羽元(同510円)、大山鶏大手羽(同650円)、「ふわり揚げ」は、ショウガとフルーツのソースに漬け込んだ骨無しモモ肉(同450円)、酒を利かせた「香味仕立て骨無しモモ肉」(同)。

 ランチは、鶏肉のダシで炊いたチキンライスとスープ、サラダが付く「からあげ定食」(1,000円)「からあげ家大手羽入り定食」(1,300円)のほか、「牛スジカレー」(1,100円)、「からあげ家東京風親子丼」(900円)を提供する。

 「シャンパンやワインと合わせて空揚げを楽しんでほしい」と泉田さん。ドリンクメニューは、スパークリングワイン(グラス800円、ボトル4,000円~)、白ワイン(グラス600円~、ボトル3,500円~)、赤ワイン(グラス650円~、ボトル3,700円~)、好みでゆずフレーバーを垂らすことができる「サッポロ生ビール(白穂乃香)」(800円)、フル―ルビール(1,000円)、「自家製ジンジャエール」(500円)など幅広くそろえる。

 今後の展望について、泉田さんは「他にないオリジナルの空揚げを多くの方に知っていただき、有名店となるよう育てたい。東京発の空揚げとして発信し、ゆくゆくは多店舗展開できれば」と意気込む。「ギャップを楽しんでいただき、地元の方々に愛される店を目指す」とも。

 営業時間は11時30分~14時、18時~24時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加