食べる

西五反田に「チキンダイニング ちりばり」-マレーシアのチキンライスをアレンジ

菱沼さん(写真中央)とスタッフ

菱沼さん(写真中央)とスタッフ

  •  

 五反田のTOCビル近くに9月3日、「チキンダイニング ちりばり」(品川区西五反田5、TEL 03-6420-0133)がオープンした。店舗面積は11坪で席数は16席。

「チキンダイニング ちりばり」の外観

 同店はチキン料理専門店。開いた動機について、店長の菱沼拓さんは「マレーシアに住んでいたときによく食べていたチキンライスを日本人に伝えたいと思った。日本では、チキンライスといえばご飯をケチャップであえたものが定番だが、マレーシアでは米を鶏ガラで炊き込み、蒸した鶏肉を添えるのが主流」と話す。

[広告]

 チキンライスの味付けは、本場より癖を少なくし、日本人でも気軽に食べられるようアレンジ。価格設定は、「マレーシアのチキンライスは、日本でいうと牛丼のようにリーズナブルなもの。ワンコインでお釣りがくるようにした」(菱沼さん)。

 メニューは、「ちりばり特製チキンライス」「ちりばり特製チキンカリー」(以上490円)、「ちりばりおつまみフルコース」(980円)、「マレーシア風ナシゴレン」(400円)、1個からオーダーできる「ジューシーから揚げ」(40円)など。テーブルには、店名の由来にもなっている「チリバリ」というタイの唐辛子が常備されており、この味を目当てに訪れる人もいるという。

 アルコールは、「生ビール」「タイガービール」「紀州産南高梅酒」「酒蔵生まれのりんご酒」(以上330円)などを置く。

 「夜はバーとしても営業している。サッカーの日本代表戦があるときは、中継を見ながら楽しめるので、一緒に盛り上がりたい人はぜひ来店してほしい」と菱沼さん。今後の展望について、「マレーシアではたくさんの店が集合し、日常的に屋台市が開かれている。そのようなイベントを日本でも開催し、チキンライスだけでなくマレーシアの文化も伝えてければ」とも。

 営業時間は、11時~14時、16時30分~22時30分。