食べる

青物横丁に大山鶏メーンの「やきとり家 すみれ」-子連れ客歓迎

「やきとり家 すみれ」の外観

「やきとり家 すみれ」の外観

  •  
  •  

 京急青物横丁駅近くに9月13日、「やきとり家 すみれ 青物横丁店」(南品川3、TEL 03-5781-8929)がオープンした。店舗面積は15坪で席数は30席。経営はフェアリーリング(品川区)。

 店主の江田利弘さんは「焼き鳥好きの子どももいるが、大人と一緒に入れる店が青物横丁近辺にはなかった。だったら自分で作ってしまおうと思い、出店に至った」と話す。子ども連れを歓迎するサービスとして、小学生以下のソフトドリンクを無料で提供している。

[広告]

 食材は、鳥取県の銘柄鶏「大山鶏」を使用。「鳥取県大山町の大山鶏は、通常の鶏よりも1週間ほど長く飼育される。だから、肉質がジューシーで柔らかい」(江田さん)。「ひなの段階から加工まで一貫して管理している。お客さまに安心しておいしいものを食べてもらいたい」

 メニューの「王様赤レバー」「王様白レバー」(以上305円)には、大山鶏2羽分のレバーを使用。通常のレバーに比べて臭みがないという。「今までレバーは苦手だったが、このレバーは食べられるというお客さんもいた」と江田さん。「ひなトロ」「トロはつ」(以上221円)、「手ごねつくね」(189円)、「鶏のから揚げ ももむねMIX」(515円)なども提供する。

 ドリンクは、「生ビール」「角ハイボール」「ウーロンハイ」(以上305円)、「各種サワー」(347円~410円)、「八潮」(1合515円)などを取りそろえる。

 今後の経営について、江田さんは「オープンしたばかりなので、まずは地元の方に愛されるお店にしたい」と話す。「大山町は鶏だけでなく野菜もおいしい。そういった食材を使い、新たなメニューを作っていきたい」とも。

 営業時間は17時~翌1時(日曜・祝日は24時まで)。

  • はてなブックマークに追加