食べる

白金高輪にイタリア料理「ラ クッチーナ エッセ」-1号店の常連客がシェフに

「La cucina S」の外観

「La cucina S」の外観

  •  

 白金高輪駅近くの桜田通り沿いにイタリア料理店「La cucina S(ラ クッチーナ エッセ)」(港区高輪1、TEL 03-5795-0424)がオープンして2カ月半がたった。店舗面積は20坪、席数は30席。

「La cucina S」の2階席

 同店は、恵比寿3丁目交差点近くのイタリア料理店「Osteria M(オステリア エンメ)」(港区白金5、TEL 03-6459-3528)の2号店。美容師の経歴を持つシェフの竹田志郎さんは、料理好きが高じて5年前に飲食業界へ。ダイニングバーや懐石料理店などで経験を積んできた。「もともと、1号店の常連客だった。店舗展開にあたり、オーナーに誘われたのがきっかけ」と話す。「白金高輪駅周辺には、夜遅くまで営業している飲食店が少ない。ビジネスパーソンなどのニーズがあると考え、出店に至った」という。

[広告]

 料理は全てアラカルトで提供する。メニューは「大きな蛤の白ワイン蒸し 大葉風味」(890円)や「本日の鮮魚カルパッチョ 彩り野菜のサラダと」(1,470円)、「ベーコンと揚げ茄子のアマトリチャーナ」(1,050円)、「自家製フォカッチャ」(210円)など。

 アルコールは、ワイン(グラス=500円~、ボトル=2,800円~)や「ハートランド生ビール」(560円)、「自家製リモンチェロソーダ割り」(700円)、「自家製サングリア」(グラス=600円、カラフェ=1,800円)などを取りそろえる。客単価は、ランチ=2,500円、ディナー=4,000円。

 「何回も来たくなるような店づくりを目指していく。あまり一般的に知られていない食材を使っているので、この店で新しい味覚を発見してもらえば」とも。

 営業時間は、火曜~土曜=17時~翌2時、日曜・祝日=12時~22時。月曜定休。

ピックアップ

ピックアップ