食べる

三田にイタリアン「オステリア ラディーチ」 イタリア産ワイン70種を用意

店長の倉島さん

店長の倉島さん

  •  
  •  

 三田駅近くの第一京浜沿いにイタリアン「OSTERIA RADICI(オステリア ラディーチ)」(港区芝4、TEL 03-6809-4025)がオープンして間もなく2カ月がたつ。

「オステリア ラディーチ」の内観

 目黒のイタリアン「トラットリア・デッラ・ランテルナ・マジカ」(品川区上大崎2)で7年間勤務した倉島義和さんが独立・開業した同店。店舗面積は13坪、席数は20席。

[広告]

 三田エリアに出店した経緯について、倉島さんは「目黒や恵比寿に比べ、三田はイタリアンのお店が少ないと思い、出店に踏み切った。店名は、イタリア語で『根っこ』の意味を持つワインの名前が由来。地域に根付いた店にしていきたいという思いを込めた」と話す。

 メニューは、イタリア・トスカーナ州、プーリア州の郷土料理を提供。「熟成大沼牛サーロインの炭火焼き」(3,000円)や「空豆のペーストと季節野菜 ノヴェッロオイルがけ」(900円)、「プーリア風 ボンベッテ(カチョカヴァッロと豚肩肉のロール)」(1,900円)、「ブロッコリーとアンチョビのオレッキエッテ」(1,200円)などを用意する。

 アルコールは、イタリア産ワイン70種を取りそろえる。「プロセッコ」(グラス=680円、ボトル=3,600円)や「キャンティ クラッシコ」(5,600円)、「ロッソ ディ モンタルチーノ」(6,800円)、「サグランティーノ ディ モンテファルコ」(7,400円)、「ラディーチ タウラージ リゼルヴァ」(8,200円)などを提供する。

 オープン後の反響について「お客さまは近隣住民の方が多い。『近所にワインを楽しめる店ができてうれしい』といった声を頂いている」と倉島さん。「イタリアでは、仲間同士が集まって2~3時間ほどかけて食事を楽しむスローフード文化がある。温かみのあるゆったりとした店内で、イタリアの食文化を楽しんでいただければ」とほほ笑む。

 営業時間は17時30分~24時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加