天気予報

12

10

みん経トピックス

品川で雑誌コラボ野外フェス五反田ヒルズにワインバー

イオン品川シーサイドのフードコートに生パスタ店 Mサイズを360グラムに設定

イオン品川シーサイドのフードコートに生パスタ店 Mサイズを360グラムに設定

「BIGOLI」店内の様子

写真を拡大 地図を拡大

 イオン品川シーサイドショッピングセンター(品川区東品川4)のフードコートに生パスタ専門店「BIGOLI(ビゴリ)」(品川区東品川4、TEL 03-6433-2662)がオープンして1カ月がたった。運営はジェイ・イシカワ(港区赤坂1)。

オーナーの石川潤治さん

 オーナーの石川潤治さんは、エンジニアを経て、映画会社やアパレル企業で勤務した経歴を持つ。「サラリーマンの頃によく外食をしており、自分の好きなお店の共通点は接客やサービスにあると感じた。その思いを反映し、2016年にオープンしたのが神田のパスタ専門店『寿』。今回はイオンからの声掛けもあって、初めてフードコートで寿のパスタを展開した」と話す。

 店名「ビゴリ」は、チューブ型機械で押し出し成型をしたイタリアのパスタの名称。同店では、パスタの量をMサイズ=360グラム、Lサイズ=540グラムとボリューミーに設定。レストランと同じ作り方をしつつも、待ち時間の短縮にもこだわったという。

 「待ち時間が長いわりには量が少ないパスタは、働く男性のランチでは敬遠されがち。もし高級レストランで少しだけ出てくるビゴリのようなパスタをおなかいっぱい食べられたら、喜ぶ人は多いのではないかと考えた。製造方法が一般的なパスタと異なるため高価になりがちだが、製造機を海外から自社輸入することでコストを抑えた」と石川さん。

 メニューは「ザ・ビゴリ」(Mサイズ=790円、Lサイズ=990円)や「トリュフクリームビゴリ」(Sサイズ=790円、Mサイズ=890円)、辛いもの好きに向けて「イカスミ」「ホットチリ」「スパイシーカレー」(以上、同=890円、同=990円)なども用意する。100円増しで、熟成パルミジャーノチーズを目の前で削る演出も。

 ドリンクは「本日のクラフトビール」(500円~)、「グラスワイン(赤・白)」(500円)、「広島産リモンチェッロ(甘口・辛口)」(600円)などのアルコールを提供する。ソフトドリンクは「イタリアン・スムージー」「ダブルエスプレッソ」(以上500円)など。フランス製の皿、高級レストランで使われるパスタ専用フォーク、ワイングラスなど食器にもこだわった。

 「フードコートでは一般的に、さっと食べられて価格も安く抑えたいというニーズが高い。この店では、100~300円の追加でレストランと同じ高品質の食事を楽しむ選択肢を提供している」と石川さん。「昼間にワインを楽しむママ会など、フードコートの新しい楽しみ方も生まれている。チェーン店ばかりのフードコートのイメージが変わるような、本当のファンがついてくれるようなお店にしたい」とほほ笑む。

 営業時間は11時~22時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「猫喫茶 空陸屋」店内でくつろぐ猫たち
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング