食べる

戸越銀座にラーメン店「麺や 美風」 濃厚な鶏白湯スープが特徴

「麺や 美風」の外観

「麺や 美風」の外観

  •  
  •  

 戸越銀座商店街に2月5日、ラーメン店「麺や 美風(びふう)」(品川区戸越1、TEL 03-6426-8355)がオープンした。運営は飲食事業やコンサルティングを手掛けるサクセスプランニング(港区)。

「麺や 美風」の内装

 内装は木材を基調とし、女性でも入りやすいようなカジュアルな雰囲気にこだわったという。店舗は「バル食堂 幸咲き」跡。同社社長の松永明憲さんは「遠くからでも目立つよう、店の外壁に大きく看板を設置した」と話す。

[広告]

 高間亮太朗店長は新橋のラーメン店「麺屋 武一」で修業を積み、同店の店長に。出店の経緯について「戸越銀座にもラーメン店はいくつかあるが、鶏白湯メインの業態は見当たらなかったのが出店の決め手だった。仕事帰りの男性だけではなく女性1人の来店も多い」と言う。

 メニューは、強火で長時間じっくり煮込んだ鶏を使った「濃厚鶏白湯そば」や「濃厚鶏醤油そば」(以上780円)、「濃厚辛味噌鶏そば」(850円)、「中華そば」(700円)などを提供する。トッピングは味玉、玉ネギ、のり、青ネギ(以上100円)や「鶏つくね」(150円)、「鶏チャーシュー」(200円)など。客単価は900円。

 ドリンクは「アサヒスーパードライ(生中)」(389円)や「ヒゲハイボール」「ジンジャーハイボール」「瀬戸内レモネードハイボール」(以上343円)、日本酒「芳醇(ほうじゅん) 吉乃川」(537円)などを用意する。おつまみとして「肉汁鶏餃子」(300円)や「揚げ出し風鶏天」(380円)なども取りそろえる。

 「開店して間もないが、これまでに3000人以上のお客さまが来店した。平日でも21時頃には完売するほど好評を頂いている」と松永さん。「戸越銀座は商店街や地元の有志が活発で、盛り上がっている場所だと思う。地元の人と協力して、さらに戸越銀座を盛り上げていければ」と笑顔を見せる。

 営業時間は11時~16時、17時~翌1時。スープ、麺が無くなり次第終了。

  • はてなブックマークに追加