食べる

ウィング高輪にモッツァレラチーズ専門店「オービカ モッツァレラバー」 テラス席も

「オービカ モッツァレラバー 高輪店」の外観

「オービカ モッツァレラバー 高輪店」の外観

  •  

 品川駅前のウィング高輪WEST1階(港区高輪4)に4月19日、モッツァレラチーズ専門店「オービカ モッツァレラバー 高輪店」(TEL 03-5793-3805)がオープンした。運営は「鍋ぞう」「モーモーパラダイス」「バルバッコア」などの飲食店事業を展開するワンダーテーブル(新宿区)。

「オービカ モッツァレラバー 高輪店」の内装

 同ブランドは2004年、イタリアのローマで誕生した。日本では2008年に六本木ヒルズ店がオープンし、同店は国内5店舗目。品川広域圏は初出店となる。店舗面積は77.26坪、席数は店内が72席、テラス席が54席の計126席。季節に応じてテラス席を増設することも。

[広告]

 ホール主任の堀内秀樹さんは「コンセプトは『上質なものをカジュアルに』。食材や調理方法に加え、照明やテラスなど開放的な店づくりにもこだわった」と話す。

 料理には、イタリア・カンパーニャ地方の水牛ミルク100%を使ったフレッシュモッツァレラチーズを使う。メニューはクラシカとブッラータ、リコッタに長野県産のトマトを使った「2種モッツァレラとリコッタ 産地直送トマト盛り合わせ」(40グラム=2,900円、80グラム=4,300円)やトリュフにマッシュルームペーストで盛り付けたピザ「タルトゥーフォ」(3,600円)、「生ハム4種盛り合わせ」(2,300円)、「トラディショナル ラザニア」(1,850円)など。

 ランチタイムには、ピザやパスタ、ステーキなどのメイン料理とサイド料理1~2品、ドリンクが選べるセットメニュー(1,300円~)を展開する。

 ドリンクメニューは92種類を用意。有機栽培のブドウを用いたビオワイン(グラス=700円~、デキャンタ=2,450円~、ボトル=3,300円~)やレモンにセロリインフューズジンなどを加えたカクテル「ニルヴァーナ」(850円)、イタリアビール「メナブレア」(850円)などをそろえる。客単価は、ランチ=2,100円、ディナー=4,200円。

 「夏場にはテラス席で、スパークリングワイン飲み放題を始める予定」と堀内さん。「近隣のホテルからの観光客はもちろん、会社の同僚同士や若い女性同士で来店するお客さまも多い。さまざまな場面で、モッツァレラチーズ専門店を楽しんでほしい」とほほ笑む。

 営業時間は11時~23時30分(ランチは11時~15時、日曜・祝日は23時まで)。

ピックアップ

ピックアップ