食べる

品プリで「真夜中のステーキフェア」開催 ナイトタイム需要を見込んで

「オージービーフ量り売り」サーロイン200グラム

「オージービーフ量り売り」サーロイン200グラム

  • 250

  •  

 品川プリンスホテル(港区高輪4)イーストタワー1階、24時間営業の「カフェレストラン24」(TEL 03-5421-1114)で4月27日、「真夜中のステーキフェア」が始まった。

「カフェレストラン24」の内装

 同フェアは22時~翌5時の深夜時間帯限定で、サーロインとフィレの2種類から選べる「オージービーフ量り売り」(サーロイン150グラム=2,100円、200グラム2,800円、フィレ120グラム=3,000円、150グラム=3,750円)、「オージービーフステーキ丼」(2,300円)、「US Tボーンステーキ」(7,500円)の3種を提供する。別途サービス料10%。

[広告]

 同ホテルマーケティング戦略部の鈴木瑠美子さんは、開催のきっかけについて「羽田空港の国際化を背景とした外国人旅行者の増加や品川の街の発展に伴って、当ホテルでは夜の時間をもっと楽しむための『ナイトタイムエコノミー』を強化している。ステーキを選んだのは、真夜中に食べない料理をあえて題材にすることで、お客さまに驚いてもらうため。遅くまで観光を楽しむ旅行者やビジネスパーソンに、スタミナたっぷりのステーキを味わってもらえれば」と話す。

 そのほかのホテル内施設でも、ナイトタイムエコノミーに向けて営業時間の拡張や特別メニューを用意する。メインタワー39階のレストラン「DINING&BAR TABLE 9 TOKYO(ダイニングアンドバー テーブル ナイン トウキョウ)」3カ所のバーエリアは翌4時まで、館内ボウリングセンターは金曜・休前日は深夜1時まで、それぞれ営業を延長する。映画館「T・ジョイ PRINCE品川」では金曜・土曜にナイトショーも上映し、「和ビストロ いちょう坂」では深夜限定メニューの「和出汁香るカレーうどん+日本酒グラスセット」(1,900円)を提供する。

 イーストタワーレストランサービスリーダーの星野弘樹さんは「フェアを開催して間もないが、多くのお客さまに楽しんでいただけているようだ。品川の街は深夜になると多くのお店が閉まってしまい、くつろげる場所が少ないように思う。今回のフェアをきっかけに『夜は品川に行こう』と、訪れてもらえる場所になれたら」と話す。

 9月30日まで。