食べる

白金高輪にパティスリー「リーブル」 仏・星付き店出身のシェフが開業、夜はコース料理も

フリュレのマンゴー(900円)

フリュレのマンゴー(900円)

  •  

 白金高輪駅近くにパティスリーレストラン「Libre(リーブル)」(港区白金1、TEL 03-6447-7077)がオープンして1カ月がたった。運営は飲食事業を展開するLef(レフ・港区)。

「Libre」店内

 オーナーシェフを務めるのは、パリのレストラン「ドミニク・ブシェ」などで経験を積んできた田熊一衛さん。星付きレストランの技術を手軽に楽しんでもらうために、パティスリーをオープンしたという。

[広告]

 店舗設計を手掛けたのは、デザイン・設計事務所「DAIKEI MILS」の中村圭介さん。店内は自然光が入る小窓やマーブル模様の大理石を用いたテーブル、5層にも塗り重ねた壁面など、さまざまな工夫を凝らしたという。店舗面積は13.8坪、席数はテーブル席5席、カウンター席8席。

 スイーツメニューは、果実をかたどったチョコレートに、フルーツクリームを合わせたオリジナルスイーツ「フリュレ」を用意する。マンゴーとヨーグルトのクリームにメロンとミントのソースを合わせた「マンゴー」やココナッツとハルカのクリームに鹿児島県宝島産バナナのソースを合わせた「ココナッツ」(以上900円)など。そのほか、フランスの伝統菓子であるパリ・ブレストから、マロンとチーズのクリームを合わせた「マロン」やバナナのクリームとコンポートを合わせた「バナナ」(以上480円)なども提供する。テークアウト可。

 ドリンクメニューは、世界最高峰のバリスタ競技大会「ワールドバリスタチャンピオンシップ」で準優勝を果たした「REC COFFEE(レックコーヒー)」監修のコーヒーを提供する。エチオピア原産の「アレーカ」(ホット=700円、アイス=680円)、パナマ共和国原産の「ゲイシャ」(1,750円)など。そのほか、「奥会津金山 天然炭酸水」(980円)、「ベルジュ風 葡萄酢」(700円)なども。

 ディナーはレストラン営業となり、旬の食材を用いたコース料理を用意する。前菜や魚と肉を使ったメイン料理、デザートなどに合わせワインを提供する。客単価は、カフェ=1,500円、ディナー=1万2,000円。

 「アルコールや添加物は使っていないので、子どもでも安心して食べられる」と田熊さん。「皆さんの食事が楽しいものになるようお手伝いしたい。敷居が高そうに思えるかもしれないが、どんな方でも気軽にご来店いただければ」とほほ笑む。

 営業時間は、10時~17時、18時~。

ピックアップ