暮らす・働く

グランドプリンスホテル新高輪が改装 クラブラウンジを拡張、テラス席も

木工レリーフと外の景色が映える「ダイニングルーム」

木工レリーフと外の景色が映える「ダイニングルーム」

  •  

 品川駅近くのグランドプリンスホテル新高輪(港区高輪3、TEL 03-3447-1111)のクラブラウンジが12月8日、リニューアルオープンした。運営はプリンスホテル(豊島区)。

日本庭園に面する「ガーデンテラス」

 クラブラウンジは、15・16階のクラブフロア宿泊客専用スペース。これまでは16階にあったが、日本庭園に面する1階に移設した。施設面積はリニューアル前の約3倍で110坪、席数は約4.5倍となる100席に拡張した。

[広告]

 リニューアルの経緯について、同社マーケティング戦略スーパーバイザーの依田あかねさんは「品川エリアの4つのプリンスホテルでは、訪日外国人需要への対応や高輪ゲートウェイ駅開業などに合わせ、各ホテルの機能を明確にするためのバリューアップを進めている。『コンベンション(会議・集会)機能』を担う当ホテルでは、法人ラグジュアリー層の利用を見込み、クラブラウンジをリニューアルした」と話す。

 設計・デザインを手掛けたのは、デザインスタジオ・スピン(目黒区)の小市泰弘さん。「日本庭園との調和」を意識し、京指物や西陣織など日本の伝統技術を取り入れたという。

 クラブラウンジは、2つのダイニングルーム(各20席)とガーデンテラス(28席)、ガーデンラウンジ(12席)、プライベートラウンジ(20席)の5つのエリアに分かれる。ガーデンテラスでは、テーブルとカウンター、デイベッドの3タイプの席を配置し、日本庭園につながる通路を設けている。

 クラブラウンジでは各時間帯に合わせて、さまざまなメニューを提供する。朝食時にはオムレツや焼き魚、ティータイムにはフルーツやケーキ、カクテルタイム・ナイトキャップにはアルコールメニューに加え、オリーブやドライフルーツなど。

 「クラブラウンジは日本庭園に面しており、四季折々の自然を体感できる。ビジネスからレジャーまで、幅広いお客さまに楽しんでいただければ」と依田さん。「2019年3月には、スイートルームの増室も予定している。より良い時間を過ごしていただけるような、空間とサービスを提供していきたい」と意気込む。

 営業時間は7時~22時(朝食=7時~10時、ティータイム=10時~17時、カクテルタイム=17時~19時、ナイトキャップ=19時~21時30分)。