食べる

白金高輪駅近くにカフェ「ナチュラルフードラボ HIYOWAKO」 アレルギーに配慮も

「ナチュラルフードラボ HIYOWAKO」店内

「ナチュラルフードラボ HIYOWAKO」店内

  •  
  •  

 カフェ「ナチュラルフードラボ HIYOWAKO」(港区高輪1、TEL 03-6876-4411)が白金高輪駅近くにオープンして3カ月がたつ。運営は保育園の運営やデザイン事業などを展開するLINKS(渋谷区)。

小麦粉と卵を使わない「三種ベリーのクランブルケーキ」

 子育て中の親や小さな子どもが集まるコミュニティーカフェを想定。トイレにはおむつ替えのスペースも用意した。ナチュラルなイメージを大切にし、温かみのある木の素材を使った店内に、外から自然光を取り込む空間づくりも。店舗面積は10坪、席数はテーブル席12席、カウンター席3席。

[広告]

 「カラダに優しい。ココロに優しい」をコンセプトに、料理は国産の無農薬野菜や植物性食品にこだわる。社長の金代ナオトさんは「店名は私の娘、ヒヨちゃんとワコちゃんの名前から付けた。この店では、彼女たちに食べさせたいものを作っている。アレルギーにも配慮し、卵や小麦粉を使わないメニューも用意した」と話す。

 フードメニューは、ニンジンが丸ごと1本入った「にんじんのけいき」や「ほうれん草といんげん豆のけいき」(以上、1カット=320円、1本=1,800円)、小麦粉や卵を使わない「豆腐ブラウニー」(420円)、「米粉のスノーボール」(460円)、「三種ベリーのクランブルケーキ」(480円)など。お好みのケーキ1種と「やさいのけいき」のハーフカット3種、豆乳アイスが付く「ケーキプレート」(1,000円)などセットメニューも。

 ドリンクメニューは「オーガニックコーヒー」や「ハーブティーピーチ」(以上500円)、「野菜ジュース」「オーガニックオレンジジュース」(以上400円)、「豆乳ラテ」(550円)など。そのほか、「オーガニックビール」(650円)や「マリブ豆乳」「パッションオーガニックオレンジ」(以上800円)などアルコールメニューも取りそろえる。客単価は1,000円

 「『手作りのスイーツで、安心して食べられる』と好評いただいている」と金代さん。「地域の方々に愛されるお店になれば」とほほ笑む。

 営業時間は11時~16時。土曜・日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加