暮らす・働く

「おふろの王様 大井町店」リニューアル 岩盤浴にプロジェクションマッピングも

岩盤浴「炎の間」で行われる「プロジェクションマッピング≪ロウリュウ≫」(写真提供:東京建物リゾート)

岩盤浴「炎の間」で行われる「プロジェクションマッピング≪ロウリュウ≫」(写真提供:東京建物リゾート)

  •  
  •  

 「おふろの王様 大井町店」(品川区大井1、TEL 03-5709-2603)が11月1日にリニューアルオープンした。運営は東京建物リゾート(中央区)。

「おふろの王様 大井町店」岩盤エリアのヒーリングラウンジ内に登場した半個室の「ボックスルーム」

 「おふろの王様」は東京や神奈川を中心に10店舗を展開。大井町店は2011(平成23)年にオープンした旗艦店で、大井町駅前の阪急大井町ガーデンの3階、4階にある同企業唯一の都心ビルイン型温浴施設。坪数は3階=約385坪、4階=約325坪(うち露天風呂100坪)。30~40代の働く女性やビジネスマンをターゲットにしており、年間68万人が来場する。

[広告]

 岩盤エリアを中心に全体のリニューアルを行った。岩盤ルーム「炎の間」には、「プロジェクションマッピング≪ロウリュウ≫」を都内で初めて導入。臨場感のある音楽とプロジェクションマッピングで、最高60度にもなるロウリュウを体験できるという。

 さらに、岩盤ルーム「王様の間」には女性限定のセルフホットヨガスペースを新設。ヨガのレクチャー動画がプロジェクションマッピングで放映され、自分のペースでホットヨガを楽しめる。プログラム予定表に合わせて、初級、中級、上級を用意。1プログラムは40分間で受講無料。

 岩盤エリアのヒーリングラウンジ内には、半個室スタイルでくつろげる「ボックスルーム」を新たに設置。2層になった180センチ×90センチの空間にはコンセントを完備し、一人から友人同士やカップルまで想定する。

 そのほか、人気の高濃度炭酸泉の浴槽を拡充。従来あった露天風呂の浴槽に加え、内湯の最も広い浴槽である不感温度風呂にも二酸化炭素を発生させ、炭酸不感温湯としてリニューアルした。人気で順番待ちが発生していた炭酸風呂を2カ所に拡充し、より多くの人が利用できるようにした。

 リニューアルオープン後は下足箱のキーがそのままICリストバンドとなり、入館受付から館内での飲食、リラクセーションサービスなどの支払いまでICリストバンドで対応。退館時にICリストバンドを自動精算機にタッチすることで会計が完了する。自動精算機は英語・中国語・韓国語の3カ国語に対応している。

 東京建物リゾート営業部長の日高毅さんは「大井町店は都心ビルイン型の温浴施設として、多くの働く女性やビジネスマンの方から支持を頂いている。今回のリニューアルで、働く方にとっていっそうの癒やしの場所になることができれば」と語る。

 「羽田や東京、品川から近いのが大井町店の強み。基礎化粧品や広々としたパウダールームも完備しているので、休日はもちろん仕事帰りにも気軽に立ち寄っていただきたい」と呼び掛ける。

 営業時間は9時30分~翌8時30分(最終受け付けは7時30分)。料金は平日=大人1,380円、小学生以下820円、土曜・日曜・祝日=大人1,780円、小学生以下820円。岩盤エリアの利用は800円増し。

  • はてなブックマークに追加