見る・遊ぶ

ウェブサイト「品川浴場組合」がリニューアル 品川区内23の銭湯を写真で紹介

リニューアルした品川浴場組合サイト

リニューアルした品川浴場組合サイト

  • 326

  •  

 品川公衆浴場商業協同組合(品川浴場組合)は昨年12月30日、ウェブサイトをリニューアルした。

「銭湯の良さは、地域の人とコミュニケーションがとれ、入浴すると気持ちがいいこと」と語る「金春湯」の角屋さん

 リニューアルのコンセプトは、「写真を中心に、銭湯の良さを紹介する」。サイトでは、品川区内にある23の銭湯を掲載。「トップページ」では銭湯の写真がランダムに表示され、「銭湯一覧」では、設備と最寄り駅から銭湯を検索できる。銭湯「金春湯」(品川区大崎3、TEL 03-3492-4150)で企画担当・風呂グラマー(プログラマー)の角屋文隆さんが「従来のウェブサイトは各銭湯の写真が小さく、作りも古かった」ことからリニューアルを提案。光学・医療機器メーカーで9年間勤務した経験を生かし、2カ月ほどかけてリニューアルした。

[広告]

 写真は、カメラマンのアベトモユキさんが2週間かけて撮影。「きれいさよりも、昔ながらの施設の良さを感じてほしいと思い、 その場の空気感を撮影することが得意なアベさんに撮影をお願いした」と角屋さん。

 「20代~30代の利用者から『リニューアルしたウェブサイトを使って、銭湯を巡っている』と声を掛けられる場面もある。銭湯になじみのない若い人にも、見てもらいたい」と利用を呼び掛ける。今後は「写真をたくさん載せているので初めての場所でも入りやすくなると思う。『今日はどこの銭湯へ行こうかな』と思ったときに参考にしていただき、区民の人に来てもらうきっかけになれば」とも。