暮らす・働く

東五反田にコワーキングスペース「WeWork」 品川区初出店

ビール瓶のケースを積み重ねた様子をイメージした受付

ビール瓶のケースを積み重ねた様子をイメージした受付

  •  
  •  

 コワーキングスペース「WeWork(ウィーワーク) TK池田山」(品川区東五反田5)が2月3日、JR五反田駅東口近くにオープンした。

「WeWork(ウィーワーク) TK池田山」のコワーキングスペース部分

 WeWorkは、利用者同士のコミュニケーションやコミュニティーづくりを重視したニューヨーク発のワークスペース。品川区は初出店となる。店舗面積は非公表で、スペース全体の席数は約460席(フリーアドレス、オフィスの内訳は非公表)。

[広告]

 WeWork Japan合同会社パブリックアフェアーズ・マネジャーの平位衣利奈さんは「五反田は、IT系やスタートアップが増えている地域。リモートワーカーはもちろん、他の地域に本社を持っていて、五反田に拠点を作りたい企業も入居している」と話す。現在の入居企業は、関通(大阪府)やエウレカ(港区)、空色(品川区西五反田8)など。

 内装は、五反田らしい下町の食文化と開放感を融合させたという。受付はビール瓶のケースを積み重ねたデザインを施し、壁にはラーメン風のネオンやレモンサワーをイメージした装飾もある。

 施設内には、コワーキングスペースや個室オフィス、2~8人で利用できる会議室、電話専用ブースを備える。そのほか、授乳やおむつ交換に使える予約制のマザーズルームを用意し、子連れの利用者へも配慮する。

 ドリンクコーナーでは、コーヒーやお茶、ビールが飲み放題。電子決済で軽食やドリンクを購入できる。平日9時~18時は、受付にコミュニティーチームのスタッフが常駐し、利用者をサポートする。

 スペース内では週3回ほどイベントを開催。名刺やビジネス情報の交換会や、ヨガやワインの試飲会といったライフスタイル系のイベントなどを実施する。毎週月曜は「TGIM(Thank God It's Monday)」という企画名で朝食を無料提供。イベント開催情報はメンバー専用サービスなどで告知する。

 利用料金は、コワーキングスペースを自由に使えるホットデスク(フリーアドレス)が月額5万6,000円。ロッカーの利用はオプションとなる。登記が可能な専用デスクや個室プランの料金は要問い合わせ。24時間利用可能。

 「拠点をオープンするごとに、独自のコミュニティーができていくのを感じている」と平位さん。「これからどういう方が入居し、どんなニーズが出てくるのかが楽しみ」と話す。 

ピックアップ

SmartNews Awards 2019