3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

武蔵小山に「ホルモン焼肉 ばぶ」 ホルモン人気店「みやこや」跡を引き継ぐ

店主のアハメド・バブさん(右)と沙智さん

店主のアハメド・バブさん(右)と沙智さん

  • 188

  •  

 「ホルモン焼肉 ばぶ」(品川区小山4、TEL 03-6364-0671)が武蔵小山駅西側エリアにオープンして3カ月がたった。

「ホルモン焼肉 ばぶ」の1階

 オーナーはバングラデシュ出身のアハメド・バブさん。13年前に来日して「気に入った」という焼き肉について、「地元にはなかった業態。いい肉を食べると幸せな気持ちになるし、みんなで食べる楽しさがある」と話す。焼き肉店で仕入れや加工の経験を積み、独立にこぎ着けた。

[広告]

 場所はうなぎ串店「梅星」隣。「ホルモン道場 みやこや」跡を居抜きで使う。「物件を1年以上探した末、店主が高齢で引退した同店跡と出会った。店主とも親しくなり、ファンの多かった場所を引き継ぐ形で店を始めた」と話す。1階はカウンター、2階は畳敷きのテーブル席で、総席数は25席。店舗面積は約10坪。

 フードメニューは、「ハラミ」(880円)や「金印タン」(1,480円)、「和牛カイノミ」(1,380円)、「ホルモン」、「マルチョウ」(以上680円)、「牛レバー」(880円)などを提供する。仕入れにより「A5ランクイチボ」(1,380円)や「特選カルビ」(1,280円)なども。タレやミソは「みやこや」と同じものを使う。

 サイドメニューは「キムチ」(300円)「イカキムチ」(450円)、にんにくオイル焼き(300円)など。ユッケジャンスープ(700円)などのスープ類は、ご飯(100円)を追加するとクッパにできる。そのほか、メニュー表に掲載されていない「裏メニュー」として、ホルモンや骨付きチキンなどをスパイスと煮込むバングラデシュ風カレーや煮込み料理などを用意する。

 ドリンクは、生ビール(小=380円、中=500円)やレモンハイ(400円)、ハイボール(400円)などをそろえる。マッコリ(グラス=400円、ボトル=1,800円)やワイン(同=500円、同=2,500円)、コーラ、カルピス、グレープフルーツジュース(以上280円)なども。

 「肉の味には自信がある。お客さんが口コミで広めてくれているのがうれしい」とバブさん。妻の沙智さんは「バブさんの気さくな接客スタイルを気に入ってくれる方も。和気あいあいとした雰囲気が店の魅力になれば」とほほ笑む。

 営業時間は16時~24時。

Stay at Home