3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

モスバーガー大崎店がリニューアル カフェ利用を強化、セルフレジ導入も

「モスバーガー 大崎店」の外観

「モスバーガー 大崎店」の外観

  • 94

  •  

 「モスバーガー 大崎店」(品川区大崎2、TEL 03-5437-5011)が3月24日、リニューアルオープンした。運営はモスフードサービス(同)。

「モスバーガー 大崎店」の一人利用席

 同店は本社所在地、大崎駅新西口「ThinkPark Tower」2階の直営店。席数は106席。店舗面積は約85坪。

[広告]

 「モスバーガー」ブランドのカフェ機能を強化した「MOS&CAFE(モスアンドカフェ)」業態で、食事利用のほか、打ち合わせやカフェ利用などで従来のアイドルタイムの来店を促進する。2007(平成19)年のオープン以来、全面的な改装は初めて。

 今回のリニューアルでは、内装に黒を取り入れ、照明を落とすことで落ち着いた雰囲気を演出したという。入り口付近に1人利用を想定する電源付きのカウンター席を増やしたほか、店内奥に設けていた喫煙席を廃止した。テーブル席の間隔は、既存店より10~20センチほど広く空けている。

 会計は、対面式のレジカウンターに加えてセルフレジ3台を新たに導入した。注文と会計を先に済ませて注文札を取り、別口のカウンターで商品を受け取る方式。そのほか、オンライン上では受取時間を指定した事前注文ができる。

 同社広報IRグループコミュニケーションマネジャーの森野美奈子さんは「ビジネスパーソンはもちろん、週末は家族連れの来店も見られる。ベビーカー利用などにも対応したい」と話す。

 フードメニューは、モズバーガーで通常販売するバーガー類のほか、新たなデザートメニューを提供する。「メープルスフレケーキ」(単品=362円、ドリンクセット=575円)や「バスク風チーズケーキ」、「マスカルポーネ&ベイクドチーズケーキ」(同=297円、同=510円)、「レーズンサンド」(同=269円、同=482円)など。グループ店「マザーリーフティースタイル」の商品も一部扱う。

 ドリンクは、「ブレンドコーヒー」(232円)や「カフェラテ」(306円)、「ホットリッチショコラ」「抹茶ラテ」「ロイヤルミルクティー」(以上352円)、「アイスリッチショコラ」「アイス抹茶ラテ」(以上389円)などをそろえる。従来の「モスシェイク」(S=232円、M=288円)のほか、クリームやソースなどが乗る「デザートシェイク」(S=399円)も(価格は全て税別)。

 森野さんは「在宅勤務者が増えた影響で客足はスロースタートだが、テークアウト需要の高まりを感じている。生活の幅広いシーンで活用いただく場になれば」と期待を込める。

 東京都からの営業時間短縮の要請を受け、当面の営業時間は9時~19時(セルフレジの利用は10時30分~)。朝食メニューの販売は一時休止している。定休日はビルに準じる。

Stay at Home