食べる 買う

エキュート品川が開業15周年 入場料キャッシュバック、「出前館」開始へ

エキュート品川の外観

エキュート品川の外観

  • 49

  •  

 品川駅のエキナカ商業施設「エキュート品川」(港区高輪3)で、開業15周年記念キャンペーン「15th ANNIVERSARY -Moving on to the next phase.-」が催されている。会期は18日まで。

キャッシュバックキャンペーンを適用した入場券

 同施設は駅ナカ商業施設として2005(平成17)年10月1日、JR品川駅改札内に開業した。運営はJR東日本リテールネット(同)。キャンペーンでは15周年のテーマカラーであるシャンパンゴールドをあしらった限定商品や、期間限定ショップなどを展開する。

[広告]

 期間中は15周年特別イベントとして入場料キャッシュバック企画を実施。施設内店舗で500円以上の会計になれば、JR東日本品川駅の入場券を提示することで入場券140円分を値引きする。入場券1枚につき1回のみ。

 同施設副店長の甲斐大介さんは「入場料のキャッシュバックキャンペーンはエキュート全体で初の試み。普段エキナカを利用されない方や、コロナ禍で電車利用の足が遠のいてしまった方を対象にしている。品川駅近辺に住む方やお勤めの方の利用も多い印象」と話す。

 エキナカ施設では初となるスペシャルポップアップストアとして、「メルズ キャラメルワークス」や「最高級食パン はせがわ」が出店中。

 さらに、「これまでに見たことのない斬新なメニューや商品」をテーマに、施設内テナントが15周年記念限定商品を開発した。洋菓子店「ダロワイヨ」は「マカロン カレイドスコープ」(1,620円)、イタリアン「カッフェ クラシカ」は「金箔(きんぱく)をまとったシャンパンジュレと雲丹のムース」(1,890円)、ベーカリー「ポール」は「ウッフ・デュール・トリュフ」(648円)などを販売する。

 15周年を機に、同施設では宅配デリバリーサービス「出前館」をスタート予定。新しい生活様式が広がり、テークアウト需要が高まったことから、駅の利用者以外の需要を見込む。導入時期や対象ショップはエキュート品川ウェブサイトで告知する。

 「キャンペーンはおかげさまで好評。コロナ禍にもかかわらず、前年を超える売り上げを記録する店舗も見受けられた」と甲斐さん。「いつも駅を利用される方や地元の皆さまに支えていただき15周年を迎えることができた。次の5年、10年を見据えて、今後もどんどん新しい挑戦をしていきたい」と意気込む。

 営業時間・提供時間は各店舗によって異なる。新型コロナウイルス感染症対策として、従業員のマスク着用やパーティションの設置などを行う。

Stay at Home