食べる

「ミシュランガイド東京2021」発表、「カンテサンス」が3つ星とグリーンスター獲得

ミシュランガイド東京2021

ミシュランガイド東京2021

  • 22

  •  

 日本ミシュランタイヤ(新宿区)は12月10日に「ミシュランガイド東京2021」を発売し、広域品川圏では10店舗が「星」を獲得した。内訳は3つ星=2店、2つ星=1店、1つ星=7店。加えて、5店舗がビブグルマンに選ばれた。

 同書では、3つ星を「そのために旅行する価値のある卓越した料理」、2つ星を「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」、1つ星を「近くに訪れたら行く価値のある優れた料理」と定義。ビブグルマンは「価格以上の満足感が楽しめる料理」を提供する「良質な食材で丁寧に仕上げており、6,000円以下で楽しめる」飲食店として選出する。

[広告]

 同ガイドで選ばれた東京の飲食店の内訳は、3つ星=12店、2つ星=42店、1つ星=158店、ビブグルマン=234店。今年から新たに、サステナブル(持続可能)な取り組みを積極的に推進する店を「グリーンスター」として紹介する。グリーンスターには6店が選ばれた。

 広域品川圏の3つ星獲得は2店舗。フランス料理「カンテサンス」(品川区北品川6)は同書発売以来14年連続の星獲得で、グリーンスターにも選出された。懐石料理「まき村」(南大井3)は6年連続を記録した。

 2つ星は日本料理「晴山」(港区三田2)。三田に店を構えていた昨年の2つ星店「御田町 桃の木」は今年3月、紀尾井テラスに「赤坂 桃の木」(千代田区)として移転オープンし、今回は1つ星を獲得している。

 1つ星は「不動前 すし 岩澤」(品川区西五反田5)、すき焼き「今福」、フランス料理「アルシミスト」(以上、港区白金1)、「ラ クレリエール」(白金3)、日本料理「あき山」、中国料理「私厨房 勇」、フランス料理「アルゴリズム」(港区白金6)。

 ビブグルマンには、焼き鳥「酉玉(とりたま) 本館」(白金6)、「焼鳥 嘉とう」(三田3)、「よし鳥」(東五反田1)、ラーメン店「Homemade Ramen 麦苗」(品川区南大井6)、「もち豚とんかつ たいよう」(小山3)の5店が掲載されている。

 同書の価格は3,180円(税別)。公式アプリでは同ガイドの掲載店を無料で検索できる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース